世界一周 ホステル・ホテル ラオス・バンビエン

ワイヤーロックを外せないレンタサイクルの行方は・・

投稿日:

Pocket

前回、せっかく意気揚々とラオス、バンビエンの街をサイクリングしていたのに、とんでもない痛恨のミスによりホステルからお借りしていた自転車に解除不可能なロックをしてしまい・・・・

 

(そんな恐ろしいミスの経緯については、バンビエンの街で人生史上最高のサイクリング♪だったのに・・からどうぞ)

 

 

あぁ、ワイヤーロックの鍵をなくしただけでも相当ヘコんだのに、自転車丸ごと使い物にならなくしてしまったなんて・・・・

 

ロックかけてる振りなんて、余計なことするんじゃなかった。。。_| ̄|○

 

 

絶対、こののどかな街バンビエンで自転車を誰かに乗っていかれる確率なんて、かなり低かったに違いない。

 

それに引き換え、解除不可能な鍵のないワイヤーロックかけて、その後ちゃんとホステルまで乗って帰れる確率ゼロ~~~!!

 

 

バカッ!本当に私のバカ!!

 

なにが「あったまいい~」だよ。1分前の私を全力で止めて、小一時間説教したい( `ー´)ノ(小一時間じゃ足りん)

 

 

あーん、どうしよう(´;ω;`)ウゥゥ

 

と、途方に暮れて「ひとまずホステルに戻って事情を説明して、もうここまで一緒に来てもらうしかないのかな?はぁ、申し訳ない」と思ったのですが・・・・

 

 

取り乱しまくった後、とりあえずいちど自転車を動かしてみたら、なんとこれが上手いこと必要最低限の箇所しかロックされておらず、すんごいガッコンガッコンいいながらも、なんとか自転車自体は動かせることが判明!!

 

 

おぉ、神は私を見捨てなかったのね(*’ω’*)(情けなさ過ぎて見るに見かねた可能性大!)

 

 

さっきまでは念には念を入れて、どっかの柱とかにくくりつけてたけど、今回近くに手頃な柱がなくて本当にヨカッタぜ( ´ー`)フゥー...(調子に乗るな!)

 

ということで、どうにか移動はできそうだから、いちおうお寺は見てこようかな~。

すごくキレイなお寺。装飾も凝ってますな~。

 

 

こちらも旗で飾り付けられててイイですね~。(棒読み)

 

 

って、ぜんぜん心が落ち着かない!!

 

だって、いくら動かせるからホステルまで持っていけるとは言え、自分のせいで借り物の自転車1台使えなくしちゃったんだも~ん(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

これでホステルに戻ってワイヤーロックを外せればまだしも、「そんな器具ないよ」ってことになったら、この自転車はもう使えないじゃん!

 

   

金銭的には自転車ごと弁償するとしても、気持ち的に申し訳なくてしょうがない。

 

 

せっかく気前よく無償で貸出ししてくれてるのに「あぁ、あんな奴に貸したばっかりに(´Д`)ハァ…」ってなるよね。

そんな気持ちが心の99%を占め、いくら素晴らしいお寺でも全く楽しむ余裕がなく、それどころかお坊さんが通るたびに懺悔の念にかられることに・・・・

 

 

ということで、お寺の見学もそこそこにして用事を済ませてから、出来るだけ早くホステルに帰ってお詫びをすることにしました。

本当に申し訳なくてものすごく暗い雰囲気で帰ったから、ホステルのファンキーなご主人が「どうしたの(´・ω・`)?」って感じで心配してくれました。

 

「あぁ、こんなどうしようもないヤツの心配までしてくれるなんて、なんていい人なんだろう。それなのに私はガッカリさせるようなことをしちゃったな」と思いつつ、「ワイヤーロックの鍵をなくして自転車を使えなくしてしまったこと」を伝えて謝ったら・・・・

 

 

「失くすヤツなんていっぱいいるさ(´∀`)アハハ 壊すヤツで取るから大丈夫♪」

 

って、もんのすごい陽気にいってくれたのでビックリ!!

 

 

怒るどころか、笑いながら許してくれるなんて、なんたる神対応!!ここのご主人は神様だったんですか?

 

とっても救われましたし、「こういう人に私はなりたい」そう心底おもい感謝しました。本当にありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

 

 

そして、せめてものお詫びに壊してしまうワイヤーロックの代金だけでもお支払いしようとしたら「っていうか、自転車のレンタルは無料だけど、ロック使うなら20,000キープ(約272円)だったんだけどね(^^)」と言われ・・・

 

 

「重ね重ね、申し訳ございません」と、土下座せんばかりの勢いで謝り倒すことになるのでした。。。_| ̄|○

 


 

今年の3月から始まった当ブログ「女一人旅、海外ドタバタ珍道中」、おかげさまで今年いっぱい、なんとか続けることが出来ました(*´ω`*)

 

これもすべて、読んでくださる方がいるおかげです☆

 

 

こんな「なんじゃそりゃ(;^ω^)?」とか、「くだらなっ(;´∀`)!」という要素がてんこもり(むしろ、それしかない)のブログに、いつもお付き合いいただきまして本当にありがとうございます( *´艸`)

 

コメントまでくださった勇者様もいらして感激しました!

 

 

継続することがめちゃくちゃ苦手な自分がどうにか踏ん張ってこられたのは、このブログを読んで応援してくださってる方がいるからこそです。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます<(_ _)>

 

来年も引き続き見に来てもらえるようなブログを更新していけたらなと思います。

 

 

それでは、良いお年をお迎えくださいませ(*´▽`*)ノ

Pocket

Sponsored Link

いつも応援ありがとうございます☆

ランキングに参加しているので・・・

最後にポチッと押していただけると、とても励みになります(=゚ω゚)ノ

どうぞよろしくお願いします♪


にほんブログ村

PC用 336×280レクタングル(大)

PC用 336×280レクタングル(大)

-世界一周, ホステル・ホテル, ラオス・バンビエン

執筆者:


  1. つな より:

    良かったですね…!無事お帰りになれたところにまず安堵しました。それに、自転車じゃなくてロックが有料というところが何となく文化の違いを感じました(*_*)。
    というか、
    「お坊さんが通るたびに懺悔の念にかられることに」
    が何となく可笑しくて(^o^)…笑うところじゃないかもなんですが。
    勇者なんて言われて嬉しいです(私も勇者の一人ですよね照)。
    haruさんが世界のどのあたりで初日の出をお迎えになるのか気になるところ(^-^)ですが、これからも楽しみにしています!よいお年をお迎え下さい。

    • haru より:

      勇者つな様、大晦日にまでコメントありがとうございます☆

      はい、ホント良かったですよ。ご主人のお人柄が素晴らしかったです(*´ω`)

      私も「自転車は無料でロックは有料」っていうのは盲点というか、そういう発想が全くなかったので確認もせずに勝手にお借りしてしまいました(^^;)

      いや~、なんでも笑ってもらえたなら、それが一番ですので♪(キッパリ)

      もちろん、つな様は勇者様ですよ!いつもありがとうございます(*´▽`*)

      年末年始を海外で迎えるのは初めてで、「笑ってはいけない」を見られないのはちょっと寂しいですが、世界のどこかでひっそりと年を越しときます(´ー`)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビエンチャンのナイトマーケットで値下げ交渉してみたら・・・

前回ラオスのビエンチャンで毎日開催されているナイトマーケットに潜入!!     変わり種アイスに満足したので、ナイトマーケットの本線に戻って、ズンズン奥へ進んでいったら、ようやくマ …

キンキラ金の「タート・ルアン」はビエンチャン観光で行くべき超目玉スポット!

ビエンチャンの凱旋門「パトゥーサイ」見学を終えて、次に向かったのはビエンチャンの目玉スポット「タート・ルアン」という仏塔です。   (「パトゥーサイって何?」という方は、ビエンチャンの凱旋門 …

バンコクのショッピングモールに涼を求めて入ってみたら・・・

さて、人生初のカオマンガイを本場バンコクで食べられて大満足した後は、次の目的地までプラプラと散歩がてら歩きます(^◇^)   (その美味しかったカオマンガイについては、ピンクのカオマンガイは …

ドミトリーの魅力のひとつ♪ホステルメイトとお喋りしたら・・

はい、だいぶ夜も遅くに(10時半ごろ)、ようやくローマのホステルの部屋に戻ってみると・・・・   1人は既に就寝中、1人は外出中でしたが、残りの1人は起きていて、いろいろ喋りかけてきてくれま …

ラオスのタナレーン駅からビエンチャンへ!タクシードライバーとの交渉後に知る真実

列車でタナレーンという駅に着いて、無事にラオスの入国手続きが終わりました(^◇^)   (前回のお話は、タイのノンカーイ駅からタナレーン駅まで行って、ラオスにビザなし入国♪からどうぞ) &n …

サイドバーのアドセンス

Sponsored Link

プロフィール


名前:haru

超アナログ人間の私が、なぜだかブログに初挑戦('◇')ゞ

普段は完全インドア派なのに海外旅行大好き♪

めんどくさがり屋で、おおざっぱだけど、そんな私が女一人で海外を旅するブログです(*^-^*)

「こんな人でも行けるんなら、私にもきっと行けるな(*´ω`*)!」と思って頂ければ、これ幸いです♪

アーカイブ