女一人旅、海外ドタバタ珍道中

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆ 超絶めんどくさがりにも世界一周は出来るのか?を検証してみます(∩´∀`)∩

フィレンツェ イタリア 食べ物・レストラン・カフェ

フィレンツェのトラットリアといえばココ!本場の味を堪能する♪

投稿日:2017年3月15日 更新日:

Pocket

ピサ観光を終えて、戻ってきましたフィレンツェのサンタマリアノヴェッラ駅!!

 

(帰ってくるまでの様子は、イタリア、ピサの街から列車でフィレンツェまで移動しよう♪からどうぞ)

 

 

さて、次に私がすることといったら・・・・もうお分かりですね。

 

そうです、ご飯を食べるです!!(´~`)モグモグ

 

 

ちょうど、12:00ぴったりに駅に到着しましたから、お昼を食べるにはちょうどいいお時間ですね。

 

では、向かいましょう!今日私がランチを頂くのは・・・・・・

 

 

トラットリア「イ ドゥエ ジー」(Trattoria I Due G)です☆ イエーイ(ゝω・)v

って、ここ昨日も来たやないか~いゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

 

 

というツッコミ、ごもっともです(笑)!!

 

(その時の模様は、フィレンツェでおすすめのトラットリア「イ ドゥエ ジー」(Trattoria I Due G)!!

 

(その続きの、フィレンツェで「衝撃が走ったお味」とは?安いし美味しい大満足のお店をご紹介☆からどうぞ)

 

 

私も普段は、同じお店にはなるべく行かないで、色んなお店で食べる主義なんですよ( `ー´)ノ

 

 

それなのに、じゃあ、なんでかといいますと・・・・・・

 

美味しかったから(´~`)♪

 

そして、お値段お手頃!!

 

 

それから、サンタマリアノヴェッラ駅から歩いて5分くらいっていうものあって、もう列車に乗ってる時からずっと「絶対、あのお店にまた行こう(*´ω`*)ルン」ってなっていました(笑)

 

では、さっそく注文しましょう・・・・

レバーのクロスティーニ(6.5ユ―ロ)です。

 

一言でいうと、めちゃ美味しいとしか言いようがない!!

 

とっても深みがあるお味!!このレバーには、一体なにが混ざっているんでしょう?

 

 

でも、絶対聞いても教えてくれない、お店のトップシークレットでしょうね~。そして、教えてくれたところで私に作れる訳もない(笑)

 

 

ただですね、これを食べるには、ひとつ個人的な問題がありまして・・・・

 

 

このフランスパンがトーストされてカリッカリだったので、数日前にのどを痛めた私には非常にキツい!

 

カリカリの部分がのどを通る度に、そのギザギザがのどをザラ~と傷つけながら通っていく感じ(笑)で「痛い!けど、美味しい!!けど、痛い(>_<)」という葛藤と闘いながら食べていました(^^;)

 

(その喉を痛めた事件は、イタリアと日本の違いとは?イタリアで気をつけるべき盲点!!からどうぞ)

 

 

でもそれ以上に美味しすぎてペロリと完食!!ホントに一瞬で食べてしまった(*´ω`*)

 

   

さてさて、お次は・・・・・

緑のリゾット(8.5ユーロ)です。

 

ちょっと、食べる前に撮り忘れちゃってスミマセン<(_ _)>

 

それくらい、すぐに食べたかったんでしょうね~(笑)

 

 

こちらがですね、また予想を超えてくるお味でした!!

 

お米がですね、固いんですよ。芯がスゴイ残ってるんです。お米の外側の部分はふつうのご飯の感じなんですが、中心部はホント「生米??」っていうくらいの芯の残り方なんですよ。

 

パスタでいうところのアルデンテってことでしょうかね?

 

 

日本でこんなに固いお米を出したら、「なに、生米出してきてるんだ!」って怒られそうなくらいの固さなんです。

 

でも、それがイヤじゃない!むしろ、めちゃくちゃ美味しい(´~`)♪っていう、新食感で初体験のリゾットでした。

 

 

いや~、やっぱり本場って違うんですね(´艸`*)

 

私、いうてもイタリアンは日本にもたくさんあるし、時代も時代だから「あちらで修業したシェフ」とかもいっぱい日本にだっているだろうし、そこまでは変わらないんじゃないの?って思ってたんですよ。

 

けど、その時の自分をしかりたくなるほど、全然違いました((+_+))

 

 

ちなみにこの緑色の正体は、ほうれん草です。チーズとも合いますね。

ラストはフィレンツェ風トリッパ(7ユーロ)です。

 

 

トリッパって胃袋なんですけど、ここのはすごくギザギザしているのが特徴的ですね。

 

そして、食べてみたら、とにかくやわらかいんですよ(=゚ω゚)

 

 

日本でも私、トリッパはイタリアンのお店で何度か食べたことありますけど、それはもっと歯ごたえがあったというか、焼き肉でいうミノのような固さがあったんですけど、これはものすごく柔らかくて、すぐに嚙み切れちゃいます。

 

お味はトマトなんですけど、しょっぱさがなくて、やさしい味付けでトマトそのものの甘みを感じます。

 

美味しい!食べる価値ありです!(^^)!

 

 

お会計はお水やコペルト代(席料とパン料金)を含めて、合計で26.5ユーロです。ごちそうさまでしたm(__)m

2日続けてきたけど、やっぱり大満足です。よかった(*´ω`)

 

 

しかも、店員さんもやっぱり昨日の今日だから、私のこと覚えててくれたみたいです。

 

まぁ、多分ひとりで一生懸命に写真撮ったり、リポートしながら動画撮影してたから(笑)でしょうね(^^;)(本人的にはひっそりとやってるつもりだけど、ヘンに目立ってる?)

 

 

最初、お店に入ってきた時に、ひとりの店員さんが「キャメラ?」って私にいってきたんですよ。

 

で、「えっ?なにが??」って思ったんですけど、私、入店した時はデジカメを手に持っていなかったから「あれ?今日はカメラ持ってきてないの?いいの(^^)?」って意味で話しかけてくれたみたいです。

 

 

そんな感じで店員さんも気さくだし、お料理もとても美味しいし、居心地もいいので、またフィレンツェに来た時には絶対に来たいな~と思うおススメのお店です(*^-^*)

Pocket

Sponsored Link

お読みいただきありがとうございます(*'▽')

ランキングに参加しているので1日1回

是非ボタンをポチっとよろしくお願いします♪


にほんブログ村

PC用 336×280レクタングル(大)

PC用 336×280レクタングル(大)

-フィレンツェ, イタリア, 食べ物・レストラン・カフェ

執筆者:


  1. Україна より:

    卒倒しそうなくらい美味しそうすぎ(;´д`)
    白ワイン片手に長居したくなります‼

    • haru より:

      Україна様、コメントありがとうございます。
      本当に美味しかったです。本場のイタリアンの力をまざまざと見せつけられました(*´ω`*)
      白ワインと共になんて最高ですね(^^♪

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中国国際航空のチェックインカウンター、ひとつだけ頑なに閉鎖の謎(笑)

前回、中国国際航空のチェックインカウンターに並ぼうとして、自分がどこに並べばいいのか分からなかったので、列を誘導しているスタッフさんに聞いてみたところ・・・・   おそらく、イタリアの方だっ …

ナポリのおしゃれレストラン、ステキな仲間と美味しいディナーで言うコトなし!!

ヴェスヴィオ火山での「ドキドキわくわくアドベンチャー」で、変なテンションになった帰り、いろいろ体力を使って、お腹ペコペコの私たちはディナーを食べることにしました(^^)/   コロンビア女子 …

ナポリの地下都市「ソッテラネア」で真の冒険者気分を味わう!?

お腹いっぱいになったところで、今度は仲良くなった日本人女子の希望の場所に向かってみます。 それがとっても面白いスポットで、こんな感じの入り口なんですよ。 ここは何かといいますと、「ソッテラネア(Sot …

テルミニ駅のホステルの選び方と「ドミトリーってどんな感じ?」

治安が悪いと悪名高い「テルミニ駅」に到着!!   (そんな前回のお話は、フィウミチーノ空港からローマ市内まではシャトルバスが一番安くて断然お得♪からどうぞ)     この …

スーパーハイスペックなコロンビア女子と私の唯一の共通点とは・・・

さらに、コロンビア女子との思い出を振り返ってみると、彼女は本当に底抜けに明るいんです。   そこにいるだけで自然と周りの人たちを明るい気持ちにさせちゃう「南米の太陽のような人」(まだ南米には …

サイドバーのアドセンス

Sponsored Link

プロフィール


名前:haru

超アナログ人間の私が、苦手ジャンルなのになぜだかブログに手を出してみた('◇')ゞ

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆

普段の休日は完全インドア派なのに、海外旅行が超大好き♪

とんでもなく面倒くさがり屋で、ハンパなくおおざっぱ!

そんな性格の私が、女一人で海外をあちこち旅した時のことをつづるブログになります(*^-^*)

「こんな人でも1人で世界一周に行けるんなら、私もきっと海外旅行くらい楽勝だな(*´ω`*)!」と思って頂ければ、これ幸いです♪