女一人旅、海外ドタバタ珍道中

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆ 超絶めんどくさがりにも世界一周は出来るのか?を検証してみます(∩´∀`)∩

世界一周 食べ物・レストラン・カフェ 世界遺産 ラオス・ルアンパバーン

ルアンパバーンのナイトマーケットはお土産選びにピッタリ☆

投稿日:

Pocket

前回、ルアンパバーン絶景スポット「プーシーの丘」の帰り道、明かりが全然なくて真っ暗な中をスマホのライト片手に下りてくることに。

 

(その時のお話は、世界遺産ルアンパバーンの街を一望「プーシーの丘」に登ろう♪からどうぞ)

 

 

足元を照らしながら下まで下りて来たら、ルアンパバーンのメインストリートである「シーサワンウォン通り(Sisavangvong Road)」はこんなことになっていましたΣ(゚Д゚)

通り一帯に「ナイトマーケット」がズラリと出店!!

 

 

さっき15時ごろに通った時には「ちょこっと路上で物を売ってる人がいるな~」くらいだったのに、19:30にはギッシリとテントが立ち並んでいましたよ。

「どこから、こんなにいっぱい物運んできたんだろう?」とビックリΣ(´∀`;)

 

 

向こう側に見える「ロイヤルパレス」とのコラボもいいですね~。

 

地図はこちらになります。

 

 

グーグルマップ情報によると、ルアンパバーンのナイトマーケット営業時間は月曜~日曜まで毎日17:00~23:00までとなっていました。

 

なので、17時ごろから少しずつテントの設営を始めて、こうなったんでしょうね。

 

 

せっかくなんで、ナイトマーケットをぶらりしましょう(^^♪

テントの感じといい、ビエンチャンのナイトマーケットを思い出しますね~。

 

(その時のお話は、ビエンチャンのナイトマーケットで値下げ交渉してみたら・・・からどうぞ)

 

 

こんな風にバッグだったり・・・・

 

 

 

洋服だったり・・・・・

 

 

キレイな柄の布だったり、売ってる物の種類もビエンチャンのナイトマーケットと似ています。

 

 

でも、全体的に生地や縫製がこちらのルアンパバーンの物の方がしっかりしていて品質がよさそうな感じがしました。(個人的見解)

 

そして、ハンドメイドっぽい品物が多い。

 

 

だから、「その分、高そうだな~」と思ったんですが、ビエンチャンでは値段が書いてあるお店もあったけど、ルアンパバーンではほぼ見かけなかったので、いくらなのかが分からなかったんですよ。

 

つまり値段は交渉制ということになりますね。

 

 

私は「長旅だし、あまり物を増やしたくないな~」ってことで、けっきょく全然値段を聞いてなくて、いくらくらいなのか真相が分からずじまいなんですけど(^^;)

 

 

まぁ、ラオスの人たちは基本穏やかな雰囲気で、そんなにガツガツ売り込んでくる感じでもないので、品物を見やすいし値段の交渉もしやすいかと。

 

本気で買いたい場合は、何軒かお店を回って値段を聞いてみて、だいたいの相場を知った上で値下げの駆け引きをするといいと思います(^^)

 

 

あと、ルアンパバーンのナイトマーケットの特徴としては・・・・

こういうピカピカで色とりどりのお皿とか・・・・

 

 

   

キレイな傘とか、ランタンとか・・・・

 

 

木彫りのお皿とか、絵画とか、芸術性重視の工芸品を置いている店がビエンチャンに比べて多かったです。

 

 

ルアンパバーンは世界遺産の街だし、観光スポットとして海外からも注目されているようなので、より観光客向けのお土産に力を入れて売っている感じがしました。

 

 

ビエンチャンも観光客の人はいっぱいいますけど、どちらかというと地元密着系というか、実用的な品物が多かった印象です。

けっきょく、ここでは何も買いませんでしたけど、ズラッと並ぶお店を眺めるだけでも、その雰囲気は十分に楽しめました(*´▽`*)

 

 

それと、このメインストリートには食べ物を売ってる所はあまりなかったので、先に進んで横の細い道に入っていくと・・・・

こんな風に食べ物通りがありました。

 

 

今、グーグルマップで調べたところ、「ナイトマーケット フード ディストリクト(Night Market Food District)」だそうです。

 

 

ってことは、ここもナイトマーケットの一部ってことなのかな?

 

そんなに広い道でもないのに、ギッシリとお店が並んでいて、活気がある通りでした。

 

 

 

こちらはルアンパバーン名物「おかず盛り放題タイプ」のお店です。

 

 

渡されたお皿に1回限りですが、自分の好きなおかずを乗せられるだけ乗せて「1プレートでいくら」というお会計になるとのことで、それは事前にリサーチ済みだったんですよね~(*’▽’)

 

 

 

観光スポットの事前リサーチは甘くて後で色々知るくせに、食べ物のことに関しては真剣かつ念入りに調べている人(笑)

 

 

「おぉ~、それなら自分でみて好きなの選べるし明朗会計だしイイね♪」

 

 

と調べた時に思ってたんですけど、さっきこの通りに入ってすぐの屋台でフルーツをもう買っちゃったんですよね~。

 

それに疲れちゃって早めにホステルに帰りたかったので、おかず盛り放題は泣く泣くスルーすることに。

 

 

 

そのフルーツ盛り合わせがこちら。10,000キープ(約136円)でした。

 

 

マンゴー、ドラゴンフルーツ、パイナップル、スイカ、メロン、パパイヤと色々入ってたんですが、特にこのマンゴーが最高だったんですよね☆

 

 

最初食べた時、食感があまりにもツルっとしていて「えっ?何コレ、ホントにマンゴー??」っていう舌ざわりだったんですけど、メチャクチャ完熟してて甘くて美味しかった~(´艸`*)

 

 

ということで、私はフルーツしか買いませんでしたけども、ルアンパバーン観光では「ナイトマーケット」は絶対に外せません!

 

 

手作りの品物がたくさんあるし、質も他に比べて良さそうなので、日本のみんなにラオスっぽいお土産を買って帰ったら喜ばれること間違いなしですよ(*´▽`*)

Pocket

Sponsored Link

いつもいつも応援どうもありがとうございます☆

最近ワタクシ、DA PUMPにドハマりしております(*´ω`*)(特にU-YEAH(ゆうや)推し)

「自分もそうだよ♪」って方もそうでない方も、ぜひランキングボタンをポチっとお願いします(笑)


にほんブログ村

PC用 336×280レクタングル(大)

PC用 336×280レクタングル(大)

-世界一周, 食べ物・レストラン・カフェ, 世界遺産, ラオス・ルアンパバーン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不用品回収と引っ越しで、まずは断捨離を!「世界一周」までの遠き道のり(笑)

さて、いざ、「世界一周の旅」に出かけるといっても、どこから始めればよいのやら・・・(^^;)   なんだか、いろんな事をやらなきゃいけなさそうで、面倒くさがりの私はさっそく、出だしから心が折 …

格安で泊まれて便利な海外のホステル「最大のデメリット」とは・・・

一日色んな所を歩き回って、食堂でご飯も食べてから夜9時過ぎにホステルに戻ってきました。   (何を食べたのかは、タイで料理を食べる時は事前に辛さのレベルを確認することが重要!!からどうぞ) …

フィレンツェの世界遺産「ボーボリ庭園」はこんなトコ♪

無事にバスに乗れたので、ボーボリ庭園の近くにある「ローマ門」をめざして、いざ行きましょう(^^)/     正直、どういうルートを通ってローマ門に行くのかが全然分からないので、いつ …

ウクライナ料理のレストラン「プザタ・ハタ」はコスパ最強♪

というわけで、キエフのメトロに乗って、宿泊しているホステルの最寄り駅までたどり着きました(^^)/   (そんな前回のお話は、キエフの地下鉄の乗り方を徹底解説!切符はたった16円だし便利♪か …

リヴィウの老舗「ウイーンカフェ」はリッチな雰囲気なのに安すぎて驚き!!

リヴィウのATMでひと騒動起こし、ウクライナのみなさんの優しさと寛大さによって助けられて、その後も無事リヴィウ観光を続けられました。(その時のことはウクライナのATMでトラブル発生!謎のメッセージ画面 …

サイドバーのアドセンス

Sponsored Link

プロフィール


名前:haru

超アナログ人間の私が、苦手ジャンルなのになぜだかブログに手を出してみた('◇')ゞ

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆

普段の休日は完全インドア派なのに、海外旅行が超大好き♪

とんでもなく面倒くさがり屋で、ハンパなくおおざっぱ!

そんな性格の私が、女一人で海外をあちこち旅した時のことをつづるブログになります(*^-^*)

「こんな人でも1人で世界一周に行けるんなら、私もきっと海外旅行くらい楽勝だな(*´ω`*)!」と思って頂ければ、これ幸いです♪