女一人旅、海外ドタバタ珍道中

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆ 超絶めんどくさがりにも世界一周は出来るのか?を検証してみます(∩´∀`)∩

世界一周 世界遺産 ラオス・ルアンパバーン

メコン川で人生を考える&ルアンパバーンの朝市で宿を見失う!

投稿日:2018年3月11日 更新日:

Pocket

早朝の爽やかな空気の中でのお寺見学を終えて、さらにルアンパバーンの街を散策します(^^♪

 

(お寺見学についてのお話は、ワット・シェントーンはルアンパバーンで一番有名で美しいお寺☆からどうぞ)

 

 

ワット・シェントーンを「Khem Khong」という通りの方から出ると、すぐ目の前にはメコン川が流れています。

 

 

こんな急な階段を降りていくと・・・・

 

 

 

おぉ~、メコン川ちか~い(´ー`)

 

 

今までラオスに来てから、ちょいちょいメコン川には出くわして?いますが、こんなに間近で見たのは初めてだな~。

 

(そんなメコン川のお話は、パラグライダーにエクササイズ、ラオスのメコン川沿いでの過ごし方♪などからどうぞ)

 

 

ちょっとテンション上がったから、せっかくだし川の水がどんなもんかチェックしてみようっと(^^)/

 

 

おっ、ぬるいかと思ったら、そうでもなくまぁまぁ冷たい。

 

 

早朝でまだ気温も低いからかな。日中はうだるような暑さだけど、今はまだ6:30だから肌寒いくらいだし。

 

 

メコン川の水はけっして透明ではなく茶色っぽいんですが・・・・

こんな風に船が浮かんでいて遠くの山が朝靄でかすんでいる様子は、なんだかとっても幻想的な風景だな~(*’▽’)

 

 

「まんが日本昔ばなし」のワンシーンに出てきそうな雰囲気です。

 

(ぜんぜん日本じゃなくてラオスだし、昔じゃなくて現代なんだけど(^^;))

 

 

おっ、こっちからまた別の船が近づいてきた。

 

 

 

ってなんか、コレ海賊船っぽくない?

 

 

「昔、お台場にいませんでしたっけ?」と一瞬思ってしまった(;^ω^)

 

(なんとなく、昔お台場で見たことあるワンピースの船っぽいかなと)

 

 

「それにしても、川の流れって面白いよな~」と思って、しばらくじっと見ていました。

 

 

 

サラーッと流れてる所もあれば、真ん中辺なのに流れがずっととどまっているような所もあるし。

 

 

なんだか人生みたいじゃない(´ー`)?

 

 

まぁ、とどまっている所もいずれは流れるだろうし、別に流れたくないなら流れなくてもイイんじゃない?

 

逆にただただ流れのままに身を任せてみるのもアリだし、なんて思ったり・・・・

 

 

川を見ていると物思いにふけるというか、考え事をするにはいいのかな~っていう感じがします。

 

「実際、日本でも散歩とかしてる時に土手に座って川をボーッと見ながら色んなこと考えたりしてたな」と思い出して、ちょっとセンチメンタルな気分になりました。

 

 

・・・・ん?でも、そういえば、「海を見ながら物思いにふける」っていうコト私はあんまりないな。

 

 

海は泳いで遊ぶところっていうイメージがあるし、波しぶきとかを見て考え事って感じじゃないからかな?

 

海自体は好きだし、眺めるのも好きなんだけどね。

 

 

はて、コレって自分だけの現象なのか、他の人もそうなのか(。´・ω・)??

 

 

と、だんだん人生とかセンチメンタルとかはどっかに吹っ飛んでいき、あとに残ったのはどうでもいい疑問だけ(笑)

 

 

まぁ、シリアスは長く続かない性格なもんで(^^;)

 

 

その他にも、こんなふうにお坊さんたちがたくさん乗った船が通ったり・・・・

   

 

 

(ちょっとしたボート競技みたいだね(´∀`))

 

 

 

早朝で寒すぎて、漁をしている地元のオッチャンでさえクシャミがなかなか止まらなかったり・・・・

 

 

(なのに、日中は地獄の暑さになるという。ギャップが激しすぎるよ(;´∀`))

 

 

 

奥の方の川の流れ(おそらく本流)は左なのに、なぜか手前を流れる空き缶のゴミは右側に流れていたり・・・・

 

 

(大きな流れに逆らいまくる!反骨精神のかたまりかっ(=゚ω゚)ノ)

 

 

 

などなど、この川はツッコミどころ満載です。

 

 

不思議な川だね、メコン川!!

 

 

「そろそろ次の場所に行こう、次の場所に行こう」と思うのに、気になることが多くてなかなか立ち去れなかったわ。

 

 

まぁ、でもぼちぼち行きましょう!

メコン川沿いの大通りはオシャレな雰囲気のカフェやゲストハウスが軒を連ねています。

 

 

やっぱりルアンパバーンはナイトマーケットといい、托鉢といい、かなり観光客向けに整えられた街という感じがしました。

 

私は行かなかったんですけど、マッサージなんかも有名みたいで安くてイイマッサージ屋さんも多いみたいですよ(´艸`*)

 

 

はっ、今度はこんな竹で出来た頼りなさそうな橋を発見!!

 

 

コレ大丈夫なのかな? 一人二人ならともかく、大人数で渡ったら絶対ヤバそうなんですけど・・・・(^^;)

 

 

こっちには可愛らしいワンちゃんがいました。

 

 

苦しそうな体勢だけど大丈夫かい??

 

 

 

そうこうしながら、散歩を終えて宿泊しているホステルの方まで7:40ごろに戻ってきたら・・・・

ホステルの前の通りはご覧の通り、朝市のお店がズラリと立ち並んでいました。

 

 

「たった2時間くらいで、こんなにお店が出るもんなんだね~」とナイトマーケットの時と同じように感心。

 

 

「ルアンパバーンの朝市(Morning food market)」の地図はこちら。

 

 

ここはそんなに広い通りじゃないんですけど、ぎっしりとお店が出ていてものすごい活気です。

 

肉や野菜、お菓子にフルーツ、乾物などの食べ物はもちろん、服やバッグもあったりして、もうなんでもござれ状態でいろいろ売られています。

 

 

「まぁ、とりあえず買い物はいいや」とホステルに帰ろうとしますが・・・・

食べ物を焼いてる煙がモクモクしてるし、人通りも多いし、とにかく道がカオス状態すぎて見つけられない(;´∀`)

 

 

何回か行ったり来たりしますが、全然どこにあるのか分かりゃしない!!

 

私は、ただ自分のホステルに戻りたいだけなのに~(+o+)

 

 

と、しばらく彷徨ったのちに、ようやく発見!!

そうそう、この「ダウンタウン バックパッカーズ ホステル(DownTown Backpackers Hotel)」の看板が目印ね(^_-)-☆

 

 

って、こんなに商品で埋もれてたら分かるかぁ~(# ゚Д゚)ノ

 

 

と、朝から盛大にツッコミを入れながら、ホステルに帰るハメになったのでした。

Pocket

Sponsored Link

お読みいただきありがとうございます(*'▽')

ランキングに参加しているので1日1回

是非ボタンをポチっとよろしくお願いします♪


にほんブログ村

PC用 336×280レクタングル(大)

PC用 336×280レクタングル(大)

-世界一周, 世界遺産, ラオス・ルアンパバーン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビエンチャンでの宿泊はオシャレでお得な宿をアゴダで予約♪

バンコクから寝台列車での長距離移動を終えて、ラオスのタナレーン駅からタクシーに乗り、やって来ましたビエンチャンのホステル(*’▽’)   (そんな前回のお話は、ラオス …

バンコクで最も気をつけるべきことは道路の横断!交通ルールなんて存在しないも同然!!

さて、前回はバンコクの美味しい食べ物をご紹介しましたが、今回は私が思う「バンコクで気をつけるべきこと」をお伝えしていきます(^^)/     えーっと、イチバン強く言いたいことはで …

世界遺産モンテネグロのコトル観光、ネコ好きにおすすめの街♪

夜遅くのバスで到着し、分かりづらいながらも予約していた宿もなんとか発見できた、世界遺産の街モンテネグロのコトル。   (そんな前回のお話は、モンテネグロのコトルで泊まったリーズナブルで日本っ …

不用品回収と引っ越しで、まずは断捨離を!「世界一周」までの遠き道のり(笑)

さて、いざ、「世界一周の旅」に出かけるといっても、どこから始めればよいのやら・・・(^^;)   なんだか、いろんな事をやらなきゃいけなさそうで、面倒くさがりの私はさっそく、出だしから心が折 …

いよいよブッダパーク内に入ったのに仏像をスルーして牛たちに夢中になる☆

なんだかんだあったけど、いよいよ到着したブッダパーク!   (そのなんだかんだについては、ラオス「ブッダパーク」行きのローカルバスで危機一髪の大ピンチ!!からどうぞ)   &nbs …

サイドバーのアドセンス

Sponsored Link

プロフィール


名前:haru

超アナログ人間の私が、苦手ジャンルなのになぜだかブログに手を出してみた('◇')ゞ

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆

普段の休日は完全インドア派なのに、海外旅行が超大好き♪

とんでもなく面倒くさがり屋で、ハンパなくおおざっぱ!

そんな性格の私が、女一人で海外をあちこち旅した時のことをつづるブログになります(*^-^*)

「こんな人でも1人で世界一周に行けるんなら、私もきっと海外旅行くらい楽勝だな(*´ω`*)!」と思って頂ければ、これ幸いです♪