女一人旅、海外ドタバタ珍道中

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆ 超絶めんどくさがりにも世界一周は出来るのか?を検証してみます(∩´∀`)∩

世界一周 ラオス・バンビエン

ラオス、バンビエンの秘境「ブルーラグーン」で飛び込みに挑戦!!

投稿日:

Pocket

バンビエンでジップライン、チュービングと「ラオスの大自然をこれでもか!」というくらい感じられる冒険的アクティビティをして大満足(´艸`*)

 

(そんな前々回のお話は、バンビエンでのジップラインが最高すぎた!絶対にオススメ☆からどうぞ)

 

(前回のお話は、バンビエン名物「チュービング」で大自然を体ごと感じる!!からどうぞ)

 

 

さてさて、お次はこのツアーの締めくくり、「ブルーラグーン」に行きますよ♪

地図はこちらになります。

 

 

このブルーラグーンはバンビエンで一番有名な観光スポットなんじゃないでしょうか?

 

この街を訪れた人はだいたい行くといっても過言ではない大人気の観光地です☆

 

 

ということで、先ほどまでしていたチュービングの場所から車で移動します。

どうですか!移動する道中も、この絶景ですよ。

 

 

バンビエンの中心地から7キロくらいでブルーラグーンに行けるみたいなので、バイクや自転車をレンタルして自力で行くのもアリです。

 

街中のどこを走っても素晴らしい景色ですから楽しいですし、自分で行けば時間を気にせずに好きなだけブルーラグーンを堪能できますからね(*´ω`*)

 

 

我々、ツアーの一行は車に揺られて30分くらいで到着♪

さぁ~て、どんな感じなのかな?

 

ブルーラグーンっていうくらいだし、ネットに載ってる画像はちょっと白濁したブルーというか、グリーンというか、とっても神秘的な感じの池だったからな~。

 

 

おとぎ話に出てくるような雰囲気だったけど、実際、自分で見たらどうなんだろう?スッゴク楽しみ(*’▽’)ワクワク

って、アレ(;^ω^)??

 

「ブルー」ラグーンですよね、ココ??ブルーどこ~( д) ゚ ゚

 

 

と、一瞬目玉が飛び出してしまいましたが、まぁ、なんとなく想定の範囲内ではあったかなと。

 

ラオス、5月から9、10月くらいまで雨季らしいので、それでちょっと濁りがちなのかな( ̄∇ ̄;)ハハハ(定かではない)

 

 

ネットで見た画像のように、まるで入浴剤が入っているかのようにキレイな水の時もあるのでしょう、きっと(例えがいいのか、どうなのか?)

ってことで、気持ちを早々に切り替えたのはいいんですが・・・・

 

 

思ったよりもラグーンに入ってる人居ないような気がするんだけど、コレってどうやって楽しむものなんだろう?

 

とりあえず、近場に座ってみんなの様子を伺ってみますか。

おっ、ターザンロープを使って飛び込んでる人がいますね~。

 

 

なんか大分早めに着水しちゃってるみたいだけど失敗かな(^^;)

こちらの人たちは、温泉みたいに足のところだけ浸かってますね。

 

そういう楽しみ方もアリですか~。

 

 

今度はこのブルーラグーン名物「飛び込み」をするための木にスルスルと登っていくお兄さんがいたので、

「飛び込むんだ~。けっこうな高さあるけどね~。よく平気だな」と思って見守っていたら、後ろの木の幹に背中をもたれかけたので・・・・

 

 

「飛び込まないんかーい(=゚ω゚)ノ」

 

と盛大にツッコミを入れていたんですが、どうやら怖がっていたワケではなく、下でターザンロープをやってる人がいたので待っていたようです。

 

 

このブルーラグーン、特に監視員がいるような気配もなく、全て自己責任で事故を回避しないといけないようなので、周りの動向には注意しましょう!!(海外あるあるなパターン)

 

 

ということで、仕切り直してジャンプ!

お~、カッコイイ(∩´∀`)∩

 

 

ところで、この池は水深どうなってるんだろう?

 

なんか、パッと見だとそんなに深そうに見えないんですけど、でもそこまで浅かったら飛び込めないだろうし、大丈夫なくらいの深さはあるんだよね?ねっ?(熱烈希望)

 

 

ってことで、しばらく観察を続けていましたが、私はとりあえず飛び込みはしないで、プカプカ浮いて楽しむくらいでいいかな~。

 

まぁ、出来ないことはないけどね・・・・

 

 

って、飛び込みする木を見ていたら、さっきチュービングを一緒にしたタイの子たち、ダイブするみたいですよ、やるな~( *´艸`)

確かに鼻はつまみたいよね(笑)

 

 

 

おぉ、すご~い☆勇気あるな~。

 

 

 

前にいた2人はおもいきりよくサッと立て続けにダイブしてたんですが、残りの1人がものすごく躊躇してました。

 

そりゃそうだよね~。普通こんな高さから飛び込むのは簡単には出来ないわ。前の2人がスゴいんだよね(^^;)

 

 

だいたい人間3人分くらいありそうだから、高さ5メートルくらいはあるだろうし、見てる以上に実際は怖いと思うよ!!

 

な~んて思いながら、見守っていたら、木の上の彼女と思いっきり目が合ってしまい、「カモン、カモン(=゚ω゚)ノ」ってやるじゃないですか。

 

 

私「アハハハハハ(´∀`)」

 

彼女「アハハハハハ(´∀`)」

 

 

とても不自然な笑い声が2人を包みます(笑)

 

 

「大丈夫かな~?」と思いつつも、彼女はさっきチュービングの時に、私をトゲトゲから守ってエスコートしてくれた子なんですよ。

 

だから、「今度は私が助ける番だ!」ということで・・・

 

ひとしきり、ぎこちなく笑い合った後、覚悟を決めて「オッケー(`・ω・´)ゞ 」と、そちら側に向かいます。

この竹で出来た手作り感満載の階段を上っていくと・・・・

 

   

 

 

ヒィ~、やっぱり高い~Σ(´∀`;)

 

 

写真だと伝わらないけど、この高さは怖すぎる~((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

この木もツルツルして滑りそうだし、まず木の端っこに行くのも一苦労だよ!

 

 

そして、多くのギャラリーの視線が集まる中、

 

「スリー、ツー、ワン」とカウントが始まります。

 

 

私「えっ(゚Д゚;)ムリムリ、怖いって」

 

ギャラリー「ゼロ~(=゚ω゚)ノ」(みんな大盛り上がり、渾身のカウントダウン)

 

 

シーン・・・・・・

 

飛び込めませんでした_| ̄|○ガクッ

 

 

だって、だって、想像以上に怖いんだもん~((+_+))

 

やっぱり見てるのと、実際この場に立つのじゃ大違いだし、何が怖いってジェットコースターとかは「人工的な遊び」というか、人の英知を結集してつくり出されたスリルだから安全面にも十分に配慮されてるという安心感があるけど、

 

コレ、単なる落下ですからね。原始的にも程がある。

 

 

なんか、ベルトとか固定されるものがないまま足から落ちるっていうのが、こんなに恐ろしいものだとは思ってもいなかったですよ(゚Д゚)

 

まぁ、普段の生活の中でこんな高さからダイブする機会なんて、そうそうないですけども。

 

 

そんなワケで、何回も「スリー、ツー、ワン」とカウントダウンされても行けずにメチャクチャ気まずい思いをしながら、やっとの思いでなんとか飛び込むことに成功!!

ダイブしたというより、ただ「落ちた」って感じでしたけどね(;´∀`)

 

 

まぁ、でもとにかく下には来られたので成功は成功です!(キッパリ)

 

 

その後、タイの女の子も飛び込みに成功し、一件落着♪

 

これで少しはさっきの恩返しが出来たかな?(目の前でグダグダと怖がってたから逆効果の恐れアリ)

 

 

いや~、でもホントに想像以上に怖かった~。

 

テレビとかで見てる分には「さっさと行っちゃいなよ」とか思ってましたけど謝ります。本当にどうもすみませんでしたm(__)m

私、体感としては10分くらい木の上でウダウダやってたかなと思ってたんですけど、今、写真で時間を確認したら3分で飛び込んでたようです。

 

意外Σ(゚Д゚)!!

 

 

ギャラリーの視線が突き刺さり過ぎて、ものすごい時間がたったように感じてたんですね、きっと。

 

ホントの意味での自分のタイミングで飛び込むのは難しいと思うので、ダイブする時にはさっさと行く覚悟で頑張ってください( `ー´)ノ

 

 

でも、やってみればすごい楽しかった~。喉元過ぎればなんとやらってことですかね?

 

怖かったから1回でイイやと思ってたんですけど、でもせっかく持ってきた「防水カメラの実力」をここでいかんなく発揮させたい!

 

ということで、「飛び込んでる瞬間を防水カメラの動画で撮影して、このスリルを記録におさめよう☆」ということになりました。

 

 

2回目だし、さっきとは違って勇ましく階段を上っていったんですが、いざ上まで来たら・・・・・

やっぱり怖い、コワい、コワ~い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル(バカなのかな?)

 

 

いや、でも落ち着け!大丈夫、オッケー、オッケー♪

 

 

ってやっぱりオッケーじゃな~い!!

 

でも、例によってギャラリーの目もあるし、それに時間が経てば経つほどタイミングがつかめなくなる気がする。

 

え~い「スリー、ツー、ワン」(自分でカウントする)

うわぁ~~~~~(ものすごい叫び声だった)

 

 

ゴボゴボゴボゴボ~(水に飲み込まれる音)

 

 

 

なんとか水面から顔を出す (((;´0`)_=3 プハァ

 

 

・・・ということで、残念ながら画像として切り取ってみると、飛び込んでる瞬間のスリルなんて何にも伝わりませんでした_| ̄|○ガクッ

 

 

でも、動画だと恥ずかしいほどに恐怖におののく様子が、それはそれは克明に記録されており、今、初めて見てみましたが、あの時の記憶が鮮やかによみがえるようです(しみじみ)

 

 

いや~、何も知らなかった1回目よりも、分かってて飛ぶ2回目の方が怖かった!

 

回数を重ねればいいってもんじゃないようです(;・∀・)

 

 

懲りたので、このあとはみんなを観察して楽しんでました。

 

トータル1時間45分くらい遊んで、ブルーラグーンも終了です。

またトラックに乗って、宿泊しているホステルまで送ってもらいました。15:30頃には到着。

 

 

これにて、8:30から始まった日帰りツアーは終了ですね。

 

(どんな内容でいくらのツアーだったかは、バンビエン名物てんこ盛り「お得な日帰りツアー」を発見!!からどうぞ)

 

 

今日1日、本当に面白かった(*´▽`*)

 

ジップライン、チュービング、ダイブと初めてのことだらけだったし、最後の方はタイの子たちとワイワイ一緒に遊べてすっごく楽しかったです☆

 

 

コスパも最高だし、バンビエンに来たら、またこのツアー申し込みたいな~(*´ω`*)

Pocket

Sponsored Link

いつもいつも応援どうもありがとうございます☆

最近ワタクシ、DA PUMPにドハマりしております(*´ω`*)(特にU-YEAH(ゆうや)推し)

「自分もそうだよ♪」って方もそうでない方も、ぜひランキングボタンをポチっとお願いします(笑)


にほんブログ村

PC用 336×280レクタングル(大)

PC用 336×280レクタングル(大)

-世界一周, ラオス・バンビエン

執筆者:


  1. Україна より:

    こっわぁあああΣ(T▽T;)❗❗❗
    意外と高さある❗良く飛びましたね❗

    • haru より:

      Україна様、コメントありがとうございます!

      そう言っていただけると、飛び込んだ甲斐があるな~と嬉しいです( *´艸`)

      多分、私ひとりだったらやらなかったんだと思いますけど、成り行きというか、仁義?でやっちゃいました♪

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プリズレンからプリシュティナまでのバス移動。地図・時刻表アリ♪

マレーシア・クアラルンプールの、日本の常識ではなかなか考えられないことが次々と起こるレストランについてお話しました前回。   (そんな前回のお話は、クアラルンプールのアロー通りで美味しいけど …

タイのノンカーイ駅からタナレーン駅まで行って、ラオスにビザなし入国♪

寝台列車に乗って11時間ちょっと、タイの首都バンコクからやって来ましたラオスとの国境の駅ノンカーイ!!   (そんな前回のお話は、寝台寝台列車でバンコクからラオスとの国境ノンカーイ駅へ!快適 …

ワット・プラケオ観光での注意点!服装&行くまでの「今入れないよ」詐欺!!

「タイの王宮、ワット・プラケオに行こう!」と歩いていたら、途中で入る時に必要なパスポートを持っていないことに気づいてホステルに戻ってきた3人(;・∀・)   (そんな前回のお話は、タイの王宮 …

英語力って世界一周してたら自然にアップするもんなの??

「世界一周、この1年間をふり返って」という大きな題材で、いったん自分のこれまでの旅の様子をふり返って「あーだこーだ」言っております((*_ _)ペコリ   (そんなあーだこーだ言った、前回の …

バンコクの屋台、食堂の安くて美味しい「B級グルメ」を一挙にご紹介☆

バンコクのカオサン通りの近くに宿を取り、予防接種の関係で10日以上を同じ場所で過ごしました。     前回、お伝えしたようにそれだけの日数滞在すると、行きつけのお店がいくつか出来て …

サイドバーのアドセンス

Sponsored Link

プロフィール


名前:haru

超アナログ人間の私が、苦手ジャンルなのになぜだかブログに手を出してみた('◇')ゞ

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆

普段の休日は完全インドア派なのに、海外旅行が超大好き♪

とんでもなく面倒くさがり屋で、ハンパなくおおざっぱ!

そんな性格の私が、女一人で海外をあちこち旅した時のことをつづるブログになります(*^-^*)

「こんな人でも1人で世界一周に行けるんなら、私もきっと海外旅行くらい楽勝だな(*´ω`*)!」と思って頂ければ、これ幸いです♪