女一人旅、海外ドタバタ珍道中

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆ 超絶めんどくさがりにも世界一周は出来るのか?を検証してみます(∩´∀`)∩

世界一周 世界遺産 クロアチア・ドブロブニク

ドブロブニクの絶景スポットに自力で行ってみたらこうなった!

投稿日:

Pocket

いろいろな面白ジンクスがあるドブロブニク旧市街をあちこち歩き回って・・・・・

 

(その時のお話は、ドブロブニクの名所&面白い伝説がある観光スポットをご紹介♪からどうぞ)

 

 

今度は旧市街から出て、ドブロブニクのビュースポットに行ってみましょうかね(´ー`)

 

と、はりきって城壁の外側に出てきたんですが、トイレに行きたくなったので有料の公衆トイレに入ることに。

 

このように入り口がゲートになっていて、コインを入れると扉が開きます。

 

 

 

料金は7クーナ(約122円)です。

 

 

やっぱり、こういう時なにかとコインが必要になってくるもんなんですよね~。ちょうど手元に7クーナあったからラッキー(´艸`*)

 

入ってみたら有料トイレなだけあって、清潔さで言えばかなり良かったですね。

 

 

そんな便利なトイレの地図はこちら♪

 

 

 

で、私がこれから向かおうとしている「ドブロブニクの絶景スポット」は旧市街から東側に行った場所です。

 

「Viewpoint Of Dubrovnik」の地図はこちらになります。

 

 

その名の通り、「ドブロブニクのビューポイント」なんですから、さぞや眺めがイイことでしょう(*´ω`*)

 

 

そう思って旧市街からテクテク歩いて向かいますと・・・・・

 

旧市街の東側はビーチがあって、かなりの人でごった返していました。

 

 

砂浜はパラソルで覆い尽くされていて人口密度が高めですけどね(;^ω^)

 

まぁ、でも海の色はそうとうキレイでくっきり2色に分かれたブルーが美しい。

 

 

そんなビーチで楽しむ人たちを尻目に、私はどんどん階段をのぼって絶景スポットに近づいていきます。

 

 

 

考えてみれば至極当然のことながら、ドブロブニク旧市街を見渡せるビュースポットってことはそれなりに小高い位置にあるワケで、大分ゼイゼイいいながら休み休み登っていくことに。

 

 

ネット情報によると、タクシーでサラッと行って観光する風だったので、「そりゃ自力で行こうとすれば疲れるわな」と納得(;´∀`)

 

 

特に真夏のドブロブニクだったので、日向はホントに半端なく暑かった。

 

日陰がなくなる度「やめて~、なんで日陰おわっちゃうのよ(´;ω;`)ウッ」と嘆きながら、日差しにジリジリと焼かれること数十分。

 

 

「このままではバーベキューになってしまう」と思った頃、ふり返るとそこにはホントに絶景が!!

 

おぉ~、キレイ(*´▽`*)

 

 

でも、ここはまだ地図のビュースポットではなくて途中の景色なので、頑張ってもう少し登っていきます。

 

 

ドブロブニクのピレ門を出てから所要時間2時間弱。

 

 

いよいよ「ビューポイント オブ ドブロブニク」に到着しました♪

   

 

うん、確かにその名前を付けてもいいくらい素晴らしい景色だわ(*’▽’)

 

 

頑張って登って来た甲斐があったってもんですよ。

 

地図にも載ってるくらいのドブロブニク絶景スポットだから、とうぜん観光客の方々もこのようにたくさんいらっしゃいましたが・・・・・

 

 

観察してたら、みなさんこの下にある駐車場の観光バスとかミニバンとかで来た人たちばかりで、自力でやって来た人はまぁみかけませんでした(;^ω^)

 

 

暑いしソコソコ遠いもんね。車で乗り付けるのがイチバンだよね、アハハ~(´∀`)

 

 

とちょっとヤケ気味に笑ってみます。

 

 

 

ちなみにここに着く前の時点ですでに、暑すぎて持っていた水が尽きてしまったのですが、道中にお店もなく買うことが出来ず。

 

そんな中、ここ「Viewpoint Of Dubrovnik」のすぐそばに「休憩所」というマークを地図アプリ上で見つけたので・・・・・

 

 

「ヤッター、これで少なくとも何か飲み物が飲める。きっとトイレにも行ける(∩´∀`)∩」

 

 

・・・と砂漠の中をさまよう人がごとく、そんな渡りに船な状況を心から喜んで感謝していたのに、いざ行ってみたら「休憩所」のマークの場所には「駐車場」以外なにもなくて・・・・・

 

「休憩所ってなにもないじゃん!まさか、車の休憩所ってことかよ!!」とツッコむと共に激しく脱力_| ̄|○ガクッ

 

 

こんな風にロクルム島もよく見える素晴らしいビュースポットなのは間違いないのですが・・・・・

 

 

日傘をさしてもなお照り付ける日差しにやられ、水もない今「これ以上は生死に関わる(+o+)」ってことで、登って来た時間のわりに30分ほどで退散!!(大分ネバった方)

 

 

 

地図を見ると直線距離で300メートルほど離れたところにカフェがあったので、「今度こそトイレにも行きたいし、何か飲みたい!」という強い執念の元、そちらに向かったのですが・・・・・

 

 

行ってみたら、そこのカフェはなんだか知らないけど営業してなかった。。。_| ̄|○ガクッ

 

 

仕方なく隣にあったスーパーで桃のジュース330mlで5.99クーナ(約104円)とチョコのビスケット5.29クーナ(約92円)を買いました。

 

 

「でもな~、今すごくトイレに行きたい状態なのに冷たいジュース飲んで大丈夫かな(゜-゜)」

 

と一瞬悩むも、のどがカラカラだったので飲んで・・・・・

 

 

「あぁ、それにしてもどこのトイレに行けばいいの~((+_+))」

 

 

とさまよった挙句、行った場所はここ。

 

そう、最初に行ったコイン入れる式の公衆ト・イ・レ♪

 

 

さっきスーパー行ってコイン入手できて良かったよね(^_-)-☆

 

 

 

・・・ということで「ドブロブニクのビュースポット」、すぐ近くにカフェとかスーパーとかトイレはなさそうなのでご注意ください。

 

まぁ、イチバンいいのはラクラク車で行くことでしょうね、アハハ~(´∀`)

 

Pocket

「私も海外旅行いきたいな~(*´ω`*)」って人はこちらもどうぞ☆

海外旅行の準備、具体的な「旅の計画の組み立て方」♪

 

「海外行きたいけど、英語が心配だな(;・∀・)」って人はこちらもどうぞ☆

シャイな日本人が「英語力アップ」するのに必要なマインドとは・・・

 

「海外旅行にあると便利なもの」はこちらからどうぞ☆

エポスカードが海外旅行に行くなら断然オススメなこれだけの理由♪


いつも、お読みいただきありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ

ブログランキングに参加してるので・・・

よろしければ、ぜひ応援ポチッとお願いします(´艸`*)


にほんブログ村

-世界一周, 世界遺産, クロアチア・ドブロブニク

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イタリアの世界遺産「ピサの斜塔」へ駅から歩いて向かったら・・

トレニタリアのカッコいい列車に乗って、フィレンツェから約50分!   (サンタマリアノヴェッラ駅からのピサまでの行き方については、フィレンツェから近いイタリア屈指の名所といえば絶対ココだ♪か …

バンコクの屋台「B級グルメ」おすすめチャーハン

バンコクの屋台「B級グルメ」おすすめの美味しいお店を一挙ご紹介☆

バンコクのカオサン通りの近くに宿を取り、予防接種の関係で10日以上を同じ場所で過ごしました。   前回、お伝えしたようにそれだけの日数滞在すると、バンコクで行きつけの屋台や食堂がいくつか出来 …

タイという国にやって来たんだな~と実感する瞬間いろいろ!!

バンコクに着いて2日目の朝、興奮冷めやらぬ中、さっそく街中を散策してみることにします(^^)/ ホステルを出て、すぐにプルメリアの花を発見!!   ちょっと高い位置に咲いていたので非常に分か …

バンコクの食堂でヨーロッパ女子2人と恋バナしてみた結果・・・

バンコクの水上バスに乗ってテンションもアップ( *´艸`)   (乗った時のお話は、バンコクの水上バスの乗り方は?渋滞なしでチャオプラヤ川をスーイスイ♪からどうぞ) こんな風にたくさんの乗り …

海外旅行保険は「東京海上日動」に決定!契約タイプと期間の決め方は・・?

そんなワケで家族にも、無事「世界一周に行く」と伝えられたのですが、その家族にも関わってくる重要な旅の準備があります。   (その時のお話は、会社を辞めて家も引き払い長期で海外に行く!と言った …

Sponsored Link

プロフィール


名前:haru

超アナログ人間の私が、苦手ジャンルなのになぜだかブログに手を出してみた('◇')ゞ

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆

普段の休日は完全インドア派なのに、海外旅行が超大好き♪

とんでもなく面倒くさがり屋で、ハンパなくおおざっぱ!

そんな性格の私が、女一人で海外をあちこち旅した時のことをつづるブログになります(*^-^*)

「こんな人でも1人で世界一周に行けるんなら、私もきっと海外旅行くらい楽勝だな(*´ω`*)!」と思って頂ければ、これ幸いです♪

カテゴリー