女一人旅、海外ドタバタ珍道中

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆ 超絶めんどくさがりにも世界一周は出来るのか?を検証してみます(∩´∀`)∩

ヴェネツィア イタリア 食べ物・レストラン・カフェ ホステル・ホテル・ゲストハウス・B&B 世界遺産

ヴェネツィアの物価はホテルもレストランもかなり高い!!

投稿日:2017年3月17日 更新日:

Pocket

ヴェネツィアの素晴らしい景色を楽しみながら、本日のお宿に到着しました(^^)

 

(そんな前回のお話は、フィレンツェから憧れの水の都「ヴェネツィア」へ電車で移動!!からどうぞ)

 

 

今回、ヴェネツィアで宿泊する宿の地図はこちら。

ホステル「ザ アカデミー(The Academy)」です。

 

 

予約したBooking.com(ブッキングドットコム)には、こう書いてあったけど「ジ アカデミー」じゃないんかい(=゚ω゚)ノと、ひとりツッコんでいました(笑)

 

 

女性専用6人部屋のドミトリーで、1泊42ユーロです。たっ、高い(;´∀`)

 

 

私、今回の旅の宿は全部「Booking.com(ブッキングドットコム)」で探したんですよ。

【Booking.com】

で、1か月以上前に予約したんですけど、その段階ですでにヴェネツィアのホステルは全てこれ以上の宿泊料金しかなかったんですよね。ドミトリーなのにこの価格ってビックリ!!

 

やっぱり有名観光地、ヴェネツィアの物価はおそろしく高いわ~(;^ω^)

 

 

節約旅行者には厳しい街ですね、ヴェネツィアは_| ̄|○ガクッ

 

 

あと、これは後から知ったんですけど、この時ちょうど前日までヴェネツィア国際映画祭があったみたいなので、その辺も宿泊料金と若干は関係してるのかもしれません。

 

でも基本的にヴェネツィアは泊まるだけじゃなくて、食べ物とか他の物価もお高めなので、私は1泊しかできませんでした(笑)

 

 

やっぱり、運河だから車を使って物が運べなくて、その分の輸送費がかかる関係で物の値段を上げざるをえないんでしょうね。

 

道を歩いてる時に、船に乗ったものすごい量のジュースの缶が入った箱をヒョイヒョイ投げながら陸にあげる人を見て、「職人技~(^◇^)」と感心したりしていました。

 

 

それにしても、ヴェネツィア、少し歩くとすぐに橋を渡らなければいけないので、アップダウンが激しいです。

 

物価だけでなく道の往来まで厳しいとは( ^ω^)・・・

 

 

すぐに水路にぶつかって橋もなくて「行き止まり!」ということも多くて、まるで巨大迷路のなかをさまよってるみたいです(^^;)

 

 

そんな感じで、景色を見つつ道に大いに迷いつつ(笑)、辿り着いたのは・・・・

トラットリア「アイ プロメッシ スポーズィ(Ai Promessi Sposi)」というレストランです。

 

ここは色々ネットで調べていた時に、評判がよさそうだったので決めました。

 

 

イカ墨パスタがヴェネツィアの名物らしいんですが、ここのレストランのも美味しいって話なので食べたいですよね♪

 

 

さっそく入ってみると、店員さんが紙のメニューを2枚くれたんですけど、よーく見たら全部イタリア語だったんですよ。

 

頑張ってなんとか解読してみようと思ったけど、さすがに全然分からなくて、「うーん(゜-゜)」ってなっていたら、シニョーレ(イタリア男性の敬称)が来てくれたので聞いてみることに・・・

 

私が「スクイッド(イカの英語)」っていったところで・・・

 

 

「あぁ、スクイッド ブラック パスタ?」って聞かれたので、

 

「そうそうそう(*´ω`)さすが~、分かってらっしゃる~」って思ったら、

 

「スミマセン、ありません」っていわれて、

 

「えっ、なんですと?」ってなりました(;^ω^)

 

 

一体なんでなかったのかはツッコんでないんで、「時期の問題なのか?このお店ではもうイカ墨パスタはやめちゃったのか?」は、謎のままです(笑)

 

 

まぁ、すっかりイカ墨の気分にはなってましたが、ないということなので結局その店員さんおススメのパスタを頼んでみることに・・・・

   

ちょっと口頭で聞いただけなので、正式名称が分からないんですけど、「アンチョビのパスタ(12ユーロ)」です。

 

 

これ、写真では伝わるか分からないんですけど、麺がすごく太いんですよ。

 

ヴェネツィアのあるここら辺の地域、特有のパスタらしいです。普通のパスタの1.5倍以上の太さで、かなりのアルデンテ。

 

 

ラーメンでいったら「バリ硬」って感じです。昨日食べたリゾットもそんな感じでした。全体的にイタリアの方はバリ硬な食べ物がお好きなんでしょうか?

 

(そんなリゾットについてのお話は、フィレンツェのトラットリアといえばココ!本場の味を堪能する♪からどうぞ)

 

 

でも、それが本当にすっごく美味しいんですよね~(´~`)

 

 

ただ、ひとつ注意点があって、リゾット食べたときに思ったんですけど、バリ硬なので冷めてくると芯が残ってるのが気になってくるんですよ。なので、アツアツのうちに全部食べ切りたいところですね。

 

お味はアンチョビの塩加減が絶妙です。

 

 

見た目はしょっぱそうに見えるんですけど、おそらく玉ねぎのすり下ろしたのが混ざってて、それがまた味をマイルドにしていて美味しいです。あまり今までパスタとして食べたことのないお味でとっても良かったです。

 

 

さて、お次は今度こそ、日本からこれ食べたいなと思っていた・・・・

「魚介のフリット(16ユーロ)」です!!

 

 

いや、これ、ネットの写真を見たときから思いを馳せてたんですけど、なにせ一人だから「量的に食べられるのかな~?」と思ったんで、いちおう店員さんに聞いたところ、何とか大丈夫そうかなということで頼んでみました。

 

魚介が5、6種類入っているということでした。確かにエビやらイカやらお魚やらボリューム満点ですよ(^◇^)

 

 

フライなんだけど衣を薄くつけて揚げているので、カラッとしていて軽くて食べやすいです。味付けは塩のみで素材の味で勝負しています。

 

とっても美味しかったです。そして、よーく見てみると魚介だけじゃなく、ニンジンやズッキーニの細切りも一緒に揚げて添えられてるんですが、これも美味しい。

ところで、この右上の方にある卵焼きのような食べ物、なんなんでしょう?

 

 

気になりますよね~。最初「なんだろう?」と思ってたんですけど、少しずつ予習していた知識を思い出してきました。

 

なんでも「ヴェネツィアではよく主菜に添えられるトウモロコシでつくった食べ物がある」と・・・。

 

 

たしか、ポがついたような気がする。ポルンガ?ポレント?などと、やはりうろ覚えだったので、店員さんに聞いたところ「ポレンタ」でした。惜しかった(*´Д`)

 

 

トウモロコシが独特のお味でなんと表現したらいいのか分からないんですけど、私はあまり得意なお味ではなかったです(^^;)

 

でも、ヴェネツィアでは主菜に結構付いてくるという話なので、それこそパンとかと同じくらいポピュラーなんでしょうね。

 

 

では、お会計をしましょう。

トラットリア「アイ プロメッシ スポーズィ(Ai Promessi Sposi)」でのお会計、お水とコペルト代(席料+パン代)込みで、合計32ユーロでした。

 

 

私の普段のご飯代からしたら、お高い方ですね~。ここまでのご飯代ではナンバーワンでした。やっぱりヴェネツィアはそもそもの物価が高いので、これくらいはしちゃうんでしょうね。

 

 

でも、ヴェネツィア情報として、観光客がいっぱい来る街だからボッタクられることもよくあるらしいです。

 

実際、私も違うレストランの前を通った時に「日本語」で話しかけられたんですよ。

 

 

「おいしいよ~」っていわれたんですが、このお店に行くことをすでに決めてたので「NO、NO」といった所、「なんでよ~」とコレまた日本語でいわれました。

 

こういう客引きするお店は、なんか怪しいですよね(;´∀`)

 

 

なので変なお店に入らないようにするためにも、物価が高めなここヴェネツィアでは特に、レストランは事前にある程度調べてからいく方がいいかもしれませんね(*^-^*)

Pocket

Sponsored Link

いつもいつも応援どうもありがとうございます☆

最近ワタクシ、DA PUMPにドハマりしております(*´ω`*)(特にU-YEAH(ゆうや)推し)

「自分もそうだよ♪」って方もそうでない方も、ぜひランキングボタンをポチっとお願いします(笑)


にほんブログ村

PC用 336×280レクタングル(大)

PC用 336×280レクタングル(大)

-ヴェネツィア, イタリア, 食べ物・レストラン・カフェ, ホステル・ホテル・ゲストハウス・B&B, 世界遺産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マルペンサ空港行きのバスに乗る&カルチャーショックがいっぱい!

高速クルクルを終えて、ガッレリアからホステルに帰ってきました。   (「ナニ、その高速クルクルって?」という方は、ミラノのガッレリア、伝説の「牡牛のモザイク」で幸運ゲット♪からどうぞ) &n …

イタリアとハンガリー、それぞれの良かったところを振り返ってみる♪

そんなワケで、「2016年ヨーロッパ女一人旅」は終了でございます!!     長きに渡りお読みいただき、誠にありがとうございました(^^♪   今回は、旅程を全て終えた後 …

ヨーロッパのホステル事情は旅人に挑戦状を叩き付けるスタイル?

トレビの泉の帰り道、すぐ近くでセグウェイに乗る集団を見かけました。 いいなぁ~、楽しそうだな~(*’▽’) 一回でいいからセグウェイって乗ってみたいんですよね~♪   …

イタリアと日本の違いとは?イタリアで気をつけるべき盲点!!

およそ1時間くらい、イタリア人のドミトリーメイトとの親睦を深め、お互いに、「じゃあ、そろそろ寝ますか(*^-^*)」となりました。   (その時のお話は、ドミトリーの魅力のひとつ♪ホステルメ …

海外で出会った人たちと連絡先を交換する時はFacebookがよく使われる!!

ヨーロッパ女子2人と恋バナをして変に気を遣わせたような気もしますが、気にせず先に進みます(;^ω^)   (そんな前回のお話は、バンコクの食堂でヨーロッパ女子2人と恋バナしてみた結果・・・か …

サイドバーのアドセンス

Sponsored Link

プロフィール


名前:haru

超アナログ人間の私が、苦手ジャンルなのになぜだかブログに手を出してみた('◇')ゞ

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆

普段の休日は完全インドア派なのに、海外旅行が超大好き♪

とんでもなく面倒くさがり屋で、ハンパなくおおざっぱ!

そんな性格の私が、女一人で海外をあちこち旅した時のことをつづるブログになります(*^-^*)

「こんな人でも1人で世界一周に行けるんなら、私もきっと海外旅行くらい楽勝だな(*´ω`*)!」と思って頂ければ、これ幸いです♪