世界一周 ラオス・ビエンチャン

お寺の前で鳥を売る仏教的な意味&ストツーを思い出す?涅槃像を発見!!

投稿日:

Pocket

火をつけられず、ロウソクも私も不完全燃焼なままでの退場を余儀なくされた「タート・ルアン」(^^;)

 

(詳しくは、キンキラ金の「タート・ルアン」はビエンチャン観光で行くべき超目玉スポット!からどうぞ)

 

 

まぁ、でもイイんですよ。私の心の中では火は確かに灯っていたハズ・・(適当)

 

 

そういえば、この出入口の所にいる人たちは・・・・

こんな風にぎっしりと鳥が入ってる小さい籠をたくさん持ってたんですよ。多分、スズメだと思います。

 

 

で、ワタシ「タート・ルアン」に入る前に気づいて「はて?何のための鳥?まさか食用Σ(´∀`;)?!」と一瞬だけ思ったんですが・・・

 

 

「わざわざ、こんな場所で食用の鳥売る意味ないわな(^^;)」

 

とすぐに思い直して、「ビエンチャンのシンボル的な仏塔の目の前で売ってるんだから、もしかして買った鳥を空に放つといいことある的なヤツでは?」という結論に行きつきました。

 

 

でも、一体いくらなのか?そして、ホントに私の勘は当たっているのか?

 

色々疑問があり過ぎて行きも帰りも華麗にスルー(´ー`)

 

 

のちほど調べてみたところ、やはり私の勘はどうやら当たっていたみたいですよ!

 

鳥を逃がしてあげることで「徳を積む」ことになるようです。

 

 

でも、だとするとここで大きな疑問が生まれるんですが「逃がした方は功徳が積める」として、「じゃあ、捕まえてきた方は一体どうなるのか?売るために鳥をこんな狭い所に閉じ込めるって、メチャクチャ悪行じゃない(;・∀・)?」

 

 

(しばし、沈黙・・・・・・・・・)

 

 

まぁ、そういうことはあんま深く考えちゃいけないのかな、あはは(ノ´∀`*) (乾いた笑い)

 

 

その人たち的にはそれで生計立ててる訳でしょうからね。「悪行も善行もあるかいな!」ってことでしょう、きっと(ハチャメチャ理論)

 

 

私はスルーしてしまいましたが、買って逃がしてあげるしか、あのスズメたちを救う術はなさそうです。

 

でも、逃がした端からまたすぐ捕まえて売ってそうで怖いんですけど( ^ω^)・・・

 

 

「功徳を積むのと悪行三昧のネバーエンディングストーリー」という(笑)

 

 

 

というか、そもそもどうやって捕まえてるのかが不思議。スズメってそんなに簡単に捕まえられるもんなの?

 

日本でスズメ捕まえようと思っても出来る気がしないんだけど・・・・(実際、子供の頃に捕まえてみようとしたこと何度もある)

やはり疑問は尽きませんが、キリがないので先に行きましょう!

 

 

「タート・ルアン」を出て、少し歩くと今度はこのように・・・・

ダーン!!と涅槃像さんが横たわっていらっしゃいましたよ。

   

 

 

突然、視界に入って来たのですがスゴイ迫力に圧倒されます!!

でも、ちょっと足の裏の文様みたいなのが痛そうに見えますね~。ウオノメ出来ちゃったみたいで、なんか気の毒(笑)

 

 

でも、ご本人はとても穏やかそうなお顔でした( ˘ω˘ )

 

 

このお寺は地図だと、こちらになります。

「That Luang Tai Temple」という名前のお寺ですね。

 

 

 

タートルアンのすぐ横にあるので、こんな風にここからもバッチリと見えましたよ☆

 

 

こうやってみると、ちょっとオモチャっぽく見えますね。

よく分からないまま、「あっ、涅槃像ある!デカッΣ(・ω・ノ)ノ!」っていう勢いだけで来ちゃったお寺でしたが、かなり見ごたえがありました。

 

 

しかも、こちらは無料だったので嬉しい。

 

この仏像様たちは、金色でズラリ勢ぞろい!って感じでスゴいんだけど、その手前にあるのは一体なに?

 

 

 

「土下座するゾウ」「必死に頼み込むサル」ということでよろしいでしょうか(笑)?

 

 

絶対にその解釈じゃよろしくないんでしょうが、なにせ情報がないんで分かりません。事情を知らない私からしたら、とにかくシュールな世界観です。

 

彼らは何をやらかしちまったんでしょうか(;^ω^)?

 

 

そして、少し先に進んだら・・・

今度は突然「ハート型のオブジェ」「テーマパーク感まる出しの人形」が!!

 

 

もはや、このお寺のコンセプトがサッパリ分かりません。涅槃像があるし、歴史ある寺院なんじゃないの?それとも温故知新を体現した結果がコレなのか(;・∀・)??

まぁ、でもなんだか、みんな楽しそうにポーズ取ってるし、後ろにある仏像様も後光が差してるように見えて、結構有り難そうな雰囲気なので全て良しとしましょう(*´▽`*)

 

 

そんなことを思って一人無理やり納得しようとしていたら、ラオスっ子が近づいてきて、何やら話しかけてきました。

 

どうやら私がカメラでパシャパシャ撮ってたから、自分も写真を撮ってほしかったみたい。

どうですか、この笑顔!!さすが、自ら名乗り出てきただけのことはある(*^-^*)

 

 

撮った写真を本人にも見せたら、さらにイイ笑顔になってました。無邪気で子供らしい子供って感じがして癒されますね☆

 

 

海外でまぁまぁある「写真撮ったんだから何かクレ!」っていう請求もなかったので、尚更可愛さ倍増♪そのままの君でいてほしいです(熱望)!!

Pocket

Sponsored Link

まいど応援ありがとうございま~す♪

ブログ村のランキングに参加しているので・・・

1日1回、こちらのボタンをポチッと押してもらえると順位が上がって、私が大喜びします(∩´∀`)∩

どうかひとつ、最後によろしくお願い致します☆


にほんブログ村

PC用 336×280レクタングル(大)

PC用 336×280レクタングル(大)

-世界一周, ラオス・ビエンチャン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バンコクのドンムアン空港でさっそく海外の洗礼を受ける!!

ちょろっと飛行機の出発が遅れたりしましたが、無事に最初の目的地タイのバンコクにある「ドンムアン空港」に到着しましたよ(^^)/     新たなる旅の始まりでテンションが急上昇してお …

ラオス「癒しのお寺」で宗教のこと、そして女子力&リア充について考える!

世界観がシュールでコンセプトもよく分からない、だがソレが心地いいお寺「That Luang Tai Temple」の見学を終えたので先に進みましょう(^^)!   (そんな逆に興味深い寺院の …

いよいよブッダパーク内に入ったのに仏像をスルーして牛たちに夢中になる☆

なんだかんだあったけど、いよいよ到着したブッダパーク!   (そのなんだかんだについては、ラオス「ブッダパーク」行きのローカルバスで危機一髪の大ピンチ!!からどうぞ)   &nbs …

ソンブーン(サムヤーン店)で名物プーパッポンカリーを食べてみた☆

予防接種を終えて、次に私が向かったのは「ソンブーン」というバンコクでは、かなり有名なレストランです!   調べてみたら、小泉元首相も訪れたことがあるほどだとか。     …

旅立ちの日に・・家族それぞれの個性あふれる見送りの仕方??

自分でも予想外なくらい、かなりヤバめの精神状態で迎えた出発当日(^^;)   (そのヤバさ加減は前回のお話、超ど級のトラベルブルー?自分でも意外だった出発前に知る一面!!からどうぞ) &nb …

サイドバーのアドセンス

Sponsored Link

プロフィール


名前:haru

超アナログ人間の私が、苦手ジャンルなのになぜだかブログに手を出してみた('◇')ゞ

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆

普段の休日は完全インドア派なのに、海外旅行が超大好き♪

とんでもなく面倒くさがり屋で、ハンパなくおおざっぱ!

そんな性格の私が、女一人で海外をあちこち旅した時のことをつづるブログになります(*^-^*)

「こんな人でも1人で世界一周に行けるんなら、私もきっと海外旅行くらい楽勝だな(*´ω`*)!」と思って頂ければ、これ幸いです♪

アーカイブ