世界一周 ラオス・ビエンチャン

ラオス「癒しのお寺」で宗教のこと、そして女子力&リア充について考える!

投稿日:

Pocket

世界観がシュールでコンセプトもよく分からない、だがソレが心地いいお寺「That Luang Tai Temple」の見学を終えたので先に進みましょう(^^)!

 

(そんな逆に興味深い寺院のお話は、お寺の前で鳥を売る仏教的な意味&ストツーを思い出す?涅槃像を発見!!からどうぞ)

 

 

お寺を抜けると、すぐに何やらまたメチャクチャ目立ちまくってる銅像が!!

 

 

「どなたかは存じ上げませんが、きっと偉い方の像なんでしょうね~」と思いながら、先を急ぎます。

 

何故なら、もう暑さで限界が近いから( ゚Д゚)

 

サクッとここいら辺の観光を終えないと生命の危機を感じます。

 

 

「まぁ、偉い人だということで!」とブログでもサラッと流しちゃおうと思いましたが、いちおう気になるのでいま調べましたところ、かつてラオスに存在した王国の「セーターティラート王」だったようです。

 

 

そして、このお方こそが「タート・ルアンを建立した人物」だと。

 

なるほど、だから「タート・ルアン」のド真ん前にデデーンと鎮座されていらっしゃったんですね。

「やたら目立ちすぎじゃね?」とか思ってスミマセンでした(;^ω^)

 

 

そりゃ、造った人ならこれくらい好立地の所で祀られますよね~。なんか堂々としてるんだけど、チョコンと座ってるようにも見えてとってもキュート☆(素性を知ったとたん、急にヨイショをし始める(笑))

でも、この時のリアルタイムの私はそんなおべっか言ってる余裕もないくらい、暑さで体力奪われてたんですよι(´Д`υ)アツィー(堂々とおべっかって言うな!)

 

 

熱中症になっても困るし、早々に切り上げようかな~とも考えたんですけど、「でもホステルから3キロくらいあるから、またここまで来るのはソレはソレでしんどい(*_*)」と、最後にこちらの立派なお寺を見てから帰ることに。

 

 

地図はこちらになります。

 

 

日傘さしてもジリジリと来る暑さ、ホントに気をつけないとエライ目にあうなと思います。ご注意ください。

中に入らせて頂くと涼しいし、仏像様もいらして落ち着く空間。

 

 

私、お寺とか教会とかでボーっとしてるのが好きなんですよね(´ー`)

 

 

 

熱心な信者の方々からしたら、「お前は一体、ナニ教を信仰してるんだよ!!」と顰蹙を買ってしまうと思うんですけど。

 

 

(もちろん、信者の方たちが最優先なので邪魔にならないようにというのはかなり気を配って、ひっそりと居させてもらっています)

でも、お寺でも教会でもモスクでも、私にとってはとにかく落ち着く所は落ち着くし「あぁ、この場所に長く留まっていたいな( ˘ω˘ )」って思える場所は、国とか宗教とか関係なく存在することは確かです。

 

 

まぁ、人はそれを「節操がない」というのかもしれませんが(^^;)

 

   

 

でも、どの宗教の施設もやっぱりそれぞれにとって神聖な場所でずっと大切にされてきている訳で、そこにいると静かな気持ちになれるというか、心穏やかになれるような気がするのは不思議なことじゃないよな~と思います。

 

 

ここのお寺も「ワタシ的落ち着くスポット」だったので、座ってかなり長い間ジーッとしていました(´ー`)

 

 

すると、普段旅してる時には考えないようなこととか、昔のこととかを思い返したりして自分と向き合う時間になりましたね。

ということで、心も整理できたように思いますし疲れた体も休められて、心身ともにパワーチャージ(^^)

 

 

「貴重な時間をありがとうございました」と外に出てみると・・・・

はっ( ゚д゚)ハッ! この鮮やかなブルーの制服はあの時の学生さんたちではないですか!!

 

 

(「あの時っていつ?」という方は、ビエンチャンの凱旋門「パトゥーサイ」に登ってパリのリベンジ?を果たす!!からどうぞ)

 

 

色んなポーズをして集合写真を撮っています。

 

これはなんのポーズだろ?

 

三代目の「ランニングマン」??ではないよね(^^;) じゃあ、欅坂の「サイレントマジョリティー」的な?

 

 

とか思っちゃいましたけど、「んなわきゃない!」とタモさんなら、きっと言うことでしょう(笑)

そして、私が何よりも気になったのが、「女子たち、こんな暑い中、長い髪の毛を垂らしてよく平気だな(;゚Д゚)」ということ。

 

私だったら迷わず結わく!なんだったらお団子にして、髪の毛を一切ほかの部分には触れさせたくない!!それくらいの酷暑なのに・・・・

 

 

くぅ、コレが圧倒的な女子力の差なのか(驚愕)

 

 

けど、己の女子力のなさなんて自分がJK(女子高生)だった時代から、とっくに知ってたので全然悔しさも湧いて来やしません(^^;)

 

きっとこの子たちはラオスではなくて日本に住んでいたら、冬には寒くても防寒よりも迷わずオシャレを選択するリア充な学生さんなんでしょうな(遠い目)

 

 

私はJK時代はもちろんのこと、初一人旅のパリでも12月だったからバリバリ防寒対策をしてモッコモコの恰好で行ったら、帰って来て友達に写真見せた時「こんな雪だるまみたいな恰好でパリに行ったの((((;゚Д゚))))?」って驚かれたんだぜ(^_-)-☆

 

 

(驚かれたというよりは呆れられたというか怒られたというか、オシャレなパリで日本の恥的な・・・(;^ω^))

まぁ、これ以上は止めておきましょうか(笑)

 

 

で、ですね、この学生さんたちの記念撮影、さらに驚かされることがあって・・・・

なんと、ドローンでも撮影していたんですね~。

 

 

ほっほー、やっぱりリア充な学生さんたちは一味違いますね。イマドキはドローンも飛ばしちゃうんですか、ハッハーン(´ー`)

 

 

「べ、別にうらやましくなんてないんだからね」と強がりを言いいながら、「今も昔もリア充のリの字もない私」は癒しのお寺をあとにするのでした。

Pocket

Sponsored Link

いつも応援ありがとうございます☆

ランキングに参加しているので・・・

最後にポチッと押していただけると、とても励みになります(=゚ω゚)ノ

どうぞよろしくお願いします♪


にほんブログ村

PC用 336×280レクタングル(大)

PC用 336×280レクタングル(大)

-世界一周, ラオス・ビエンチャン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

会社を辞めて家も引き払い長期で海外に行く!と言った時の家族の反応は・・?

えーっと、あともう少し「旅の準備編」があるのですが、この辺りでひとつ、私が世界一周すると言った時の「家族の反応はどうだったのか?」を書いてみようかな~と思います(^◇^)     …

日本とは全く違う!バンコクでの失敗しない正しいタクシーの乗り方はこうだ!!

前々回のお話で「寝台列車のチケット入手の方法」をお伝えするはずが、初っ端から話が飛びまくり、もはや脱線というよりも「フアランポーン駅にたどり着くまでの壮絶な軌跡!」のようになってきておりますが・・・( …

タイという国にやって来たんだな~と実感する瞬間いろいろ!!

バンコクに着いて2日目の朝、興奮冷めやらぬ中、さっそく街中を散策してみることにします(^^)/ ホステルを出て、すぐにプルメリアの花を発見!!   ちょっと高い位置に咲いていたので非常に分か …

ダンスバトルにドリアン、バンコク週末の夜は刺激的なことでいっぱい♪

ホステルで同じ部屋になった日本人の女の子と一緒に晩ご飯を食べることになり、私のバンコクライフの中で一番女子らしいレストランに入った前回(*´▽`*)   そもそもレストラン自体にそんな入って …

ようやくたどり着いたブッダパーク仏像ゾーンで最後に見たものとは・・・

ようやくボーっとすることを楽しむのを終わりにして、ブッダパークの本題である仏像ゾーンに行ってみます。   (そんな長すぎるボーっとについては、通貨のキープ桁が多すぎる問題&ラオスでの正しい過 …

サイドバーのアドセンス

Sponsored Link

プロフィール


名前:haru

超アナログ人間の私が、苦手ジャンルなのになぜだかブログに手を出してみた('◇')ゞ

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆

普段の休日は完全インドア派なのに、海外旅行が超大好き♪

とんでもなく面倒くさがり屋で、ハンパなくおおざっぱ!

そんな性格の私が、女一人で海外をあちこち旅した時のことをつづるブログになります(*^-^*)

「こんな人でも1人で世界一周に行けるんなら、私もきっと海外旅行くらい楽勝だな(*´ω`*)!」と思って頂ければ、これ幸いです♪

アーカイブ