女一人旅、海外ドタバタ珍道中

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆ 超絶めんどくさがりにも世界一周は出来るのか?を検証してみます(∩´∀`)∩

世界一周 ホステル・ホテル・ゲストハウス・B&B ギリシャ・メテオラ 世界一周、長旅をふり返ってみて思うアレコレ

世界一周の旅、オープンマインドになったら全てが上手くいった☆

投稿日:

Pocket

前回ひょんなことから、ギリシャの観光地「メテオラ」にたどり着き、そこでの出会いによって10カ月間くすぶっていた私の気持ちが一気に上昇気流に乗っかった(=゚ω゚)ノ

 

 

というお話をお伝えしました。

 

(そんな前回のお話は、英語へのコンプレックスをなくしたメテオラでの幸運な出会い☆からどうぞ)

 

 

 

最初に出会ったイングリッシュティーチャーのロシア女子、その後ホステルで知り合ったドイツ女性2人組、そしてホステルのオーナーとスタッフさんたち。

 

 

 

みんなと楽しく過ごしているうちに、私は自分の心がどんどんオープンになっていくのを感じていました(*´▽`*)

 

 

それはとっても幸せな感覚で、まさに以前2015年と2016年に3週間ずつ行ったヨーロッパ旅行の時に感じた気持ちとおなじだったんですよ☆

 

 

(それについてのお話は、世界一周の旅、ヨーロッパ入りしたら事態がいっきに好転☆からどうぞ)

 

 

 

オープンマインド・・・それは何も気負うことがなくて、「心の底から自由を感じることが出来る」状態とでも言いましょうか。

 

 

取り繕うこともなく、素のままの自分で居られるというか、むしろ「コレがワタシだ!ありのままの私を見てくれ」って感じになるんですよ(笑)

 

 

 

「あの時みたくオープンマインドになりたいな~」と今回の世界一周の旅でも、ずっと思ってはいたものの・・・・・

 

 

自分では心のとびらの調節はどうにも出来なくて、全くもって「ダメだこりゃ」状態でした(;´∀`)

 

 

 

それがメテオラでのステキな人たちとの出会いによって、一挙にオープンマインドに!!

 

 

「心のとびら開きまくり」状態へと、驚くべき変貌を遂げたのでした(∩´∀`)∩

 

 

 

普段、日本にいる通常時の私のオープンマインド度は2%で、今回の世界一周を始めてからも、せいぜい5%ほどしか開いていなかった心のとびらが・・・・・

 

 

メテオラに来て、おそらく3日目の段階で、すでにオープンマインド度80%超え!!

 

 

 

めでたく自己最高記録更新しましたよ(ノ´∀`*) オホホ~(過去最高が60%)

 

 

 

そんな風に心を開くことが出来ると、自分自身すごく楽で居られるし、誰かと過ごすことが楽しくて仕方なくなってきます。

 

 

それが、さらなるイイ人たちとの出会いを引き寄せるという「幸せな好循環」が起きたんですよね~♪

 

 

 

少し経ってから「それにしても何でこの時、こんなに一気にオープンマインドになれたのかな(´・ω・`)?」と、ちょっと考えてみたのですが・・・・・

 

 

今まで私は、自分の心のとびらは「引き戸」だと思い込んでて、一生懸命よこに動かそうと頑張っていたけれど・・・・・・・

 

 

実は私の心のとびらは、引き戸じゃなくて「前後に開けるタイプのドア」で、メテオラに来て誰か、もしくは色んな人たちが

 

 

「いや、アンタのドア、こうやって開ければいいんだよ(*´▽`*)ノ」

 

 

 

って、私の心のドアをバーンと押して、ズバーンと一挙に開いてくれた!!

 

 

なんだか、そんな気がしました。

 

 

(この説明がはたして、分かりやすいたとえ話になっているのか?より分かりづらくしているのか?はナゾ(笑))

 

 

 

そして、それは本当にありがたいことです(*´Д`)

 

 

だって、私一人の力ではどうにも出来なかったことですから。

 

(なにせ、こっちは引き戸だと思って頑張って横に引っ張ってたけど、さらに建付け悪くしてただけという(笑))

 

 

 

それにしても、メテオラ観光のために宿泊した、カランバカという街にあるホステルがめちゃくちゃ居心地よかったんですよ♪

 

 

「ホスト エル グレコ(Host El Greco)」っていう名前のお宿です。

 

 

「ホスト エル グレコ(Host El Greco)」地図はこちらになります。

 

 

 

メテオラ自体は岩山か修道院しかないので、ふもとにあるカランバカなどに宿泊して、そこからバスか徒歩でメテオラ観光に行くんですよ。

 

 

この「ホスト エル グレコ(Host El Greco)」は宿泊費も安いし、場所も駅やバスステーションから近いし、スタッフもみんなフレンドリーだし、最高でした( *´艸`)

 

 

 

 

当初は3泊くらいして次の街に行く予定だったのですが、あまりにも次から次へと楽しい人たちと知り合えたので・・・・・

 

 

しばらくこのホステルに宿泊して、いろんな人たちとコミュニケーションしてテンションを上げ、ついでに英語のスピーキング力も向上させてから、今後ヨーロッパ攻略するのが吉(^^♪

 

 

 

との判断により、カランバカでの長期滞在を急きょ決断!!

 

 

 

その結果、ホントにたくさんの人たちとの素敵な出会いがありました☆

 

 

 

それではこれから、仲良くなった人たちの一部をご紹介します(*- -)(*_ _)ペコリ

 

 

 

まずは自撮り(セルフィー)が大好きで、バスから降りた途端、いっしょに観光にきた私を華麗にガン無視し、「自分withメテオラ」の写真を撮るのに夢中だったフランス女子(笑)

 

 

え~っと・・・向こうから「一緒にメテオラ行こう!」って言ってきたんだけどね~(^▽^;)

 

 

自由でイイですな。そういうの、むしろ好き(∩´∀`)∩

 

 

 

お次はおしゃべり大好きで、初対面の段階でとどまることを知らないマシンガントークをぶちかましてきたオーストラリア女性。

 

 

それはべつに全然かまわないのですが、ひとつ重大な問題がありまして・・・・・

 

 

 

私、まだオーストラリアには行ったことがなくて、この時点まで気づいてなかったんですが旅先においても、オーストラリア人との絡みが今までなかったみたいなんですよね。

 

 

だから、ぜんぜん知らなかったんですけど・・・・・

 

 

 

アカン!オーストラリアなまりの英語、サッパリ理解できん((+_+))!!

 

 

 

それがもうね~、ハンパなく分からんのですよ(;´∀`)

 

 

いや、ウワサはうっすら聞いていたというか、雑学程度に「オーストラリア英語、なまりが強い」みたいな話は知っていました。

 

 

でも、いうても英語は英語じゃないですか。

 

 

 

まさか「100%理解できない」とは思いもよりませんでしたよね!!

 

 

 

メテオラに来てからの数日間で「英語のスピーキングの自信とりもどした(∩´∀`)∩」とか喜んでたのに、ここに来て、今度はリスニングの方でつまづくとは・・・・・

 

 

 

   

まぁ、私の英語への自信が揺らぐことも問題なんですが、さらに問題なのは、この時点で初めて「あっ、私ってオーストラリア英語、こんなに理解出来ないんだ~」と気づいたことでして・・・・・

 

 

気づいた時には「時すでに遅し」とばかりに、そのオーストラリア女性は意気揚々と壮大なるロングストーリーを展開している最中だったので

 

 

 

話がもう、どうにも止まらなかった(^^;)

 

 

 

まぁ、最初の方で私が、よく分かってもいないのに「ハーン」「アーハーン」などと、適当に相槌を打っていたのがすべていけないんですけどね(笑)

 

 

 

いや、だってまさか、ここまで分からないとは思ってもみなかったもんで・・・・・

 

 

「そのうち分かる部分も出てくるだろう」と悠長に話を聞いていたけれど、分かる部分なんて一向に出て来やしなかったんですもの、アハ(;´∀`)

 

 

 

結果、30分くらいマシンガントークを一方的にあびせかけられることに(笑)

 

 

今思えば、よく彼女もあれだけ反応がうっすい(というか、何も理解できてないから反応できないだけ)人を相手に話を続けられたもんだな~と(^▽^;)

 

 

 

ただ、コレも驚くべきことに、最初の段階では100%理解できなかった彼女のオーストラリア英語が、3日後にはほぼ100%理解できるようになりましたよ!!

 

 

「人間の進化っていうのはスゴいもんだな~」と我ながら感心(^^♪

 

 

 

まっ、オーストラリアの人みんながなまりが強いワケではなくて地域によるみたいですし、年齢的に若い世代はそこまでオーストラリア英語でもないようですけど・・・・・

 

 

初オーストラリア人との遭遇は、私にとても鮮烈な印象を残しましたよね(笑)

 

 

そんなオーストラリア女性とフランス女子との写真です☆

 

 

この時、メテオラに来て1週間くらい経っていたので、私はすっかりオープンマインドになっており、かなりリラックスモードでした。

 

みんなニッコニコですごく好きな写真です(*´ω`)

 

 

こちらはその2人プラス、さらにもう一人のフランス女子とメキシコ女子と台湾男子。

 

 

基本的にワタシは大人数で話すの苦手なので、通常は3人ぐらいが限界なんですが、オープンマインドになっているから大勢でのお食事会も大丈夫だった(笑)

 

 

ちょっぴりリア充に近づいた感じですよね~(´ー`)

 

(※リア充とは、リアルが充実しているキラキラした生活を送っている人たちのこと)

 

 

面白かったのは、フランス女子2人が「みんなの食事がそろうまで、私たちフランス人は食べ始めない」と言ったことでした。

 

 

「へぇ~、フランスにそんな習慣あったんだね~」

 

(勝手なイメージ、そんなこと気にせずバンバン食べ始めそう)

 

 

「実は日本もそうで、大抵の場合、みんながオーダーした分が来るまで食べ始めないよ」

 

「フランスと日本は一緒なんだね(*’ω’*)♪」

 

 

なんてことを喜々として語っていたのに・・・・・・・

 

 

 

その10分後くらいに隣りのメキシコ女子がパンにオリーブオイルとビネガーをつけて食べているのを見てしまい・・・・・

 

(フランス女子2人以外は気にせずバンバン食べてた)

 

 

「えっ、パンにビネガーつけて食べるんだ~」

 

「なにそれ、面白いね。どんな味になるんだろう( *´艸`)?」

 

「ちょっと試してみよ~っと♪」

 

 

と、さっき「日本人も全員分の料理が出てくるまで食べないんだよ」と高らかに宣言したにも関わらず

 

 

舌の根の乾かぬうちに、パンにパクついてしまった(;゚Д゚)!!

 

 

それに気づいた時の気マズさったらなかったですよ。

 

 

まっ、ぜんぶ自分が悪いんですけどね。なんか、結果的にフリみたいになってしまった(笑)

 

 

(とりあえず、誰にもツッコまれはしなかった)

 

 

 

 

その他にも、来た初日にレンタルバイクを借りてルンルンでメテオラ観光に向かった台湾女子。

 

その日に知り合ったウクライナ女子を後ろに乗せて、しばらくは楽しくメテオラ見学をしていたようなのですが・・・・・

 

 

途中で雨が降ってきて、下り坂でスリップして転んでしまったらしく、ホステルに帰ってきた時には2人とも負傷していました(+o+)

 

 

幸いなことに、ウクライナ女子は軽傷で済んだものの、ドライバーだった台湾女子はヒザを強く打ち付けており、病院に行った結果「2週間は安静が必要」とのことで、予想外のメテオラ長期滞在に。

 

 

 

ということで、同じく長期滞在していた私と部屋が同じだったので仲良くなりました。

 

 

彼女は足を怪我しててしばらく観光も出来なかったので、日がな一日ホステルで私とずっとくっちゃべって過ごしたのでした(笑)

 

 

 

それからホステルのスタッフさんたちもイイ人たち揃いで、笑顔がとっても可愛らしいドイツ女子とボーイッシュな魅力がたまらないニュージーランド女子。

 

 

2人は「ワークアウェイ」というマッチングサービスを利用して、ここのホステルで働いていました。

 

 

「ワークアウェイ(Workaway)」は、ホステルなどの宿泊施設に労働力を提供する代わりに、そこでの宿泊費と食事代を無料にしてもらうというシステムになっていて、私は今回はじめて知りました。

 

 

 

宿泊費も食事代も高いヨーロッパにおいては、特に長期旅行者にとって、このワークアウェイは画期的なマッチングサービスだなと思います。

 

 

ドイツ女子もニュージーランド女子も長旅をしていて、その合間にワークアウェイでこのホステルで1か月ほど働いてから、さらに旅をつづけるという生粋の旅好きでした(^^)

 

 

 

なので、すぐに仲良くなれたし、普通の宿泊者だと大体みんな1、2泊してすぐに次の街に旅立ってしまいますが、スタッフさんならそんなことないし、台湾女子も長期滞在だったので・・・・・

 

 

いままで世界一周という長旅を1年間つづけてきて、「仲良くなった人と、そのあとも長期間いっしょに過ごせる」というシチュエーションがなかったので、そういう意味でもメテオラでの出会いは貴重だったなと思います。

 

 

 

なんだか、どんどんメテオラがホームになっていく感じといいますか・・・・・

 

 

 

長期滞在して、「ホステルをむりやり自分色に染めた」という感じかもしれません(笑)

 

 

 

今まではどこに行っても自分はお客さんというか、よそ者なので大なり小なりアウェイ感があったのですが・・・・・

 

 

ここでは仲間が増えるたび、ホーム感が強くなっていくのを感じて、すごく居心地よかったです(*´▽`*)

 

 

 

とにかくオープンマインドになったとたん、すべてが上手くいったんですよね~☆

 

 

いっきに全部がイイ方向に進みだして、自分が望む自分に近づくことが出来た!!

 

 

 

今回はそんなお話でした( *´艸`)

 

Pocket

Sponsored Link

お読みいただきありがとうございます(*'▽')

ランキングに参加しているので1日1回

是非ボタンをポチっとよろしくお願いします♪


にほんブログ村

PC用 336×280レクタングル(大)

PC用 336×280レクタングル(大)

-世界一周, ホステル・ホテル・ゲストハウス・B&B, ギリシャ・メテオラ, 世界一周、長旅をふり返ってみて思うアレコレ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブダペストで宿泊したホステル、格安なのに機能的でオシャレ♪

フォアグラを食べてお腹いっぱいになり大満足の私は、一度ホステルに戻ってチェックインをすることにします。   (そんな前回のお話は、ハンガリーのブダペストは激安で食べられるフォアグラ天国☆から …

不思議な「巡り合わせ」は旅の最大の醍醐味☆

「治安が悪い」といわれているナポリの街を、夕方とはいえホステルまでの1キロくらいの距離をフラフラしながら帰る私((+_+)) 「シャキッと歩かないと、危ない!!」と思いつつ、ナポリの地下都市「ソッテラ …

パラグライダーにエクササイズ、ラオスのメコン川沿いでの過ごし方♪

ある日の夕方、メコン川沿いを散策していると、思わぬものに遭遇しましたΣ(´∀`;)     見てください、コレ! パラグライダーです(*’▽’) &nbsp …

タクシーかトゥクトゥク、バンコクで乗るならどちらがお得?&乗る時の注意点!

バンコクにある予防接種で有名な「スネークファーム」に行くために、カオサン通りから47番のバスに乗った私。     でも、肝心のスネークファームの場所を把握しないままで乗るという痛恨 …

バンコクで1番ご利益があるお寺「ワット・フアランポーン」何も知らずに参拝したらこうなる!

バンコクの有名店「ソンブーン」で美味しいプーパッポンカリーを食べた後は、お店のすぐ目の前にあるお寺に行ってみました。   (前回のお話は、ソンブーン(サムヤーン店)で名物プーパッポンカリーを …

サイドバーのアドセンス

Sponsored Link

プロフィール


名前:haru

超アナログ人間の私が、苦手ジャンルなのになぜだかブログに手を出してみた('◇')ゞ

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆

普段の休日は完全インドア派なのに、海外旅行が超大好き♪

とんでもなく面倒くさがり屋で、ハンパなくおおざっぱ!

そんな性格の私が、女一人で海外をあちこち旅した時のことをつづるブログになります(*^-^*)

「こんな人でも1人で世界一周に行けるんなら、私もきっと海外旅行くらい楽勝だな(*´ω`*)!」と思って頂ければ、これ幸いです♪

カテゴリー