ヴァチカン 世界遺産

ヴァチカン博物館からサンピエトロ大聖堂への近道はココだ!

投稿日:2017年3月8日 更新日:

Pocket

さて、だいぶ入る前に苦労したヴァチカン博物館(^^;)

 

(その時のお話は、ヴァチカン博物館、ネット予約した時の入り方とシスティーナ礼拝堂で気をつけること!からどうぞ)

 

 

でも思う存分、満喫できました☆

 

 

こんな感じでヴァチカン博物館はキラッキラの天井が盛りだくさんですよ♪

 

 

さて、お次に向かうのは、こちらも「これぞ、ヴァチカン!」という有名観光スポット、「サンピエトロ大聖堂」です!!

 

 

なんか、事前にリサーチしたところ、ネットで「ヴァチカン博物館からサンピエトロ大聖堂への近道情報」を拝見しまして、そちらによりますと・・・・・

 

 

「ヴァチカン博物館の「システィーナ礼拝堂」には出口が2か所ある」

 

「【最後の審判】を背中にして、左側に出るとヴァチカン博物館の入り口に戻れる」

 

 

「【最後の審判】を背中にして、右側に出ると「サンピエトロ大聖堂」に近道で行ける」

 

 

「ここからシスティーナ礼拝堂を出てしまうと、ヴァチカン博物館にはもう戻れない」

 

「でも、「サンピエトロ大聖堂の長蛇の列」に並ばずに、比較的、待ち時間みじかめで入場できるかも!」

 

 

という、とんでもなくステキ情報でした(*’▽’)

 

 

おお、それは素晴らしい。抜け道的な感じなんですかね??

 

 

だいたい、いつもサンピエトロ大聖堂は長蛇の列なんでしょうし、長時間並ばなくて済むなら、とってもお得♪

 

 

せっかくの海外旅行なんだから、待ち時間はなるべく短いに越したことはないですし、並ぶ時間が少なければ体力の温存にもつながりますからね。

 

イイこと尽くめではないですか~(∩´∀`)∩

 

 

さっそく、その秘密の?「近道ルート」に行ってみましょう!

 

 

ちょっと記憶があいまいなんですが、その有力情報をもとに建物から出ようとしたら、少し迷ってしまったので、スタッフさんに尋ねながら外に出たら、こんな感じのところに出ました。

 

 

この結構な行列が続いてる場所の2階部分に、私はこの時いて、上からこの写真を撮っています。

 

 

 

それからしばらくは、この2階部分を歩いていって、上の写真でいうと左側の方にズンズン進んでいくと・・・・・

このような場所にたどり着き、その先に進むと・・・・・

 

 

 

こんな看板があって、いくつかのルートがある列の場所に到着します!

 

 

緑の看板に「ドーム入り口」と書かれているけど、みんな赤い看板の方に向かって並んでるから・・・・・

 

「えっ、どっちなの?この絵といい、どう考えても緑の方じゃないの(。´・ω・)?」と思って、確かここでもスタッフさんに聞いたような・・・・・

 

 

すみません、肝心なところが若干あやふやになってますが、聞いてみたらやっぱり、このみんなが並んでる列で合っていたから、そのままこちらの「赤い看板の列」に並んだんだと思います(;・∀・)

 

 

※今、たまたま見つけた情報によると、この緑の看板は「サンピエトロ大聖堂のクーポラ(英語でいうドーム、つまり屋根の部分)」の上に上るための入り口らしいです。

 

 

   

だから緑の看板の方は、下の方に小さく「エレベーター」と「階段」の絵が描かれてるのね。

 

(今、解決するっていう(笑))

 

 

これは3つ前の写真の1階部分にあった水飲み場?ですね。

 

 

つまり、さっきは2階部分にいて写真撮ってたけど、列をどんどん進んでいったら、さっき見えてたこの1階部分に出てきたということになります。

 

だけど、そう考えてみたら、「この近道といわれている列も、まぁまぁの時間並んでたんじゃないの(^^;)?」って思いました。

 

 

でも写真の時刻を元に、詳しくかかった時間を調べてみたら、サンピエトロ大聖堂への近道ルートの列に並んでたのは「トータルで15分くらい」だったようです。

 

私の体感的にはけっこう長い時間並んだような気がしてたけど、これならきっと、サンピエトロ大聖堂の待ち時間としてはかなり短い方でしょうね~。

 

 

やっぱりサンピエトロ大聖堂の正面の列に並ぶよりか、だいぶ時間が短く済んでお得なのかもしれません♪

 

 

正面の方からは今回行ってないから分かりませんが、「だいたい、いつでも大混雑」っていう情報が口コミにたくさん書かれていますからね。

 

 

まっ、そんな感じでそこから先に進んでいくと、いよいよお待ちかねの「サンピエトロ大聖堂」に到着です。

 

 

はい、ドドーン!!!

なっ、なんたる神々しいお姿(*´ω`*)

 

 

本当にここだけ雰囲気が違います。別格って感じでしたΣ(゚Д゚)

 

 

実はここだけの話、この写真を撮っている時点では、私は「ここがどこなんだか」、正直よく分かっていませんでした(^◇^)←ただのバカ(笑)

 

 

だって、人がとにかく多いから流されるがままに、訳も分からず見学してたって感じだったんですもん(;´∀`)

 

 

で、今これを書くにあたって、いろいろ調べている中で「ホウホウ、なるほど」と思うことがたくさんあって・・・・・

 

「あぁ~、あのものすごく人がいっぱいいて、でも荘厳な雰囲気が漂ってた場所はサンピエトロ大聖堂のドームにあたる部分だったのか~( *´艸`)」

 

 

ってなことを、のんきに思ってしまいましたよ。

 

 

 

いや、うすうす感じてはいたけど、「多分そうかな?」の域を出なかったといいますか、自信がなかったといいますか、ねぇ(;^ω^)?←ねぇって言われても。

 

 

だけど、「そんなことを言ってるような人にいわれても信憑性ゼロ!!」って思われそうだけど・・・・・

 

「世界のヴァチカン」をここでも強烈に感じたんですよ!!

 

 

だって入っただけで、「ここはなんか違う!!」っていうのをこんなド素人でさえも、ビンビンと感じ取れたワケですから、逆にスゴさが伝わってきませんか??

 

ねっ?(←だから、同意を求めるのはやめろ(笑))

 

 

それにかなり広いフロアだったのにここだけメチャクチャ人が集まっていたから、それだけでも「ココはなんか他とは違う!」って感じるには十分だったし。

 

 

ほら、先に進むとこんなゴージャスでステキな空間も待ってるし・・・・・

 

 

ぜひ皆さんも「サンピエトロ大聖堂」、その目でお確かめくださいまし(*^^)ノ

 

 

(なんか、いろいろと無知すぎて恥ずかしくなってきたので、誤魔化しぎみに終わる(/ω\)(笑))

 

Pocket

Sponsored Link

まいど応援ありがとうございま~す♪

ブログ村のランキングに参加しているので・・・

1日1回、こちらのボタンをポチッと押してもらえると順位が上がって、私が大喜びします(∩´∀`)∩

どうかひとつ、最後によろしくお願い致します☆


にほんブログ村

PC用 336×280レクタングル(大)

PC用 336×280レクタングル(大)

-ヴァチカン, 世界遺産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮面にゴンドラ、リアルト橋、ヴェネツィアはただ歩くだけで楽しい!

ではでは、水の都をバシバシ観光していっちゃいますよ~。     はりきって行こう~(*’▽’) ふふふ~、ちびっ子達もみんな帽子かぶっちゃっててカワ(・∀・ …

ヴェネツィア、サンマルコ寺院に入る時の服装や持ち物には注意!

突如として出現した巨大でゴージャスなサンマルコ寺院!   (そんな前回のお話は、ヴェネツィア散策して、たどり着いた「サンマルコ寺院」は・・からどうぞ)     地図はこち …

サンタンジェロ城、ナヴォーナ広場にパンテオン「ローマの見所」盛りだくさん☆

美味しいパニーノを食べて、おなかも落ち着いたところで、ガンガン観光していきますか! (前回のお話は、ヴァチカン博物館近くの本場パニーノが美味しいお店「Panino Divino」♪からどうぞ) &nb …

「最後の晩餐」の予約がこんなに大変だったなんて・・

ということで、前回たどり着いたレオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」がある「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会」のつづきです(^^)/   (そんな前回のお話は、ファッションの街「ミラノ …

ヴェネツィアの水上バス「ヴァポレット」からのステキな夜景☆

ブラーノ島からヴァポレットという水上バスに乗ってヴェネツィア本島に戻って来ました。   (前回のお話は、ヴェネツィア本島からカラフルな島「ブラーノ島」への行き方!からどうぞ)   …

サイドバーのアドセンス

Sponsored Link

プロフィール


名前:haru

超アナログ人間の私が、苦手ジャンルなのになぜだかブログに手を出してみた('◇')ゞ

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆

普段の休日は完全インドア派なのに、海外旅行が超大好き♪

とんでもなく面倒くさがり屋で、ハンパなくおおざっぱ!

そんな性格の私が、女一人で海外をあちこち旅した時のことをつづるブログになります(*^-^*)

「こんな人でも1人で世界一周に行けるんなら、私もきっと海外旅行くらい楽勝だな(*´ω`*)!」と思って頂ければ、これ幸いです♪

アーカイブ