女一人旅、海外ドタバタ珍道中

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆ 超絶めんどくさがりにも世界一周は出来るのか?を検証してみます(∩´∀`)∩

世界一周 長距離バス・ローカルバス タイ・チェンマイ ラオス・ルアンパバーン

ルアンパバーンからチェンマイまでのスリーピングバスに乗ってみた!

投稿日:2018年4月24日 更新日:

Pocket

ステキ奥様が評判のホステルに泊まり、ルアンパバーン滞在中お世話になりました(^^)

 

(そんな前回のお話は、ルアンパバーンで宿泊した格安なのに好立地で豪華朝食付きの宿☆からどうぞ)

 

 

次に向かう目的地はタイの「チェンマイ」という街です。

 

ホステルで、事前にルアンパバーンからチェンマイまでのスリーピングバスのチケットを340,000キープ(約4,601円)で予約しておきました。

 

 

そして移動の当日になり、17時に宿にお迎えが来るとのことだったので、午前中にチェックアウトを済ませて、その後はホステルのダイニングテーブルでパソコン作業をして過ごします。

 

「まぁ、17時ピッタリに来ることはないだろうな~。きっと昨日のクアンシーの滝へのミニバンみたく遅れてくるんじゃないの?」と思っていました。

 

(その時のお話は、「クアンシーの滝」への行き方で一番いい方法は?入場料は?からどうぞ)

 

 

でも、なんとなく「逆に早く来るって可能性もあるよね?」と、少し早めに支度を済ませておいたら・・・・・

 

ホントに16:30すぎに、いきなりピックアップの人が現れてビックリ!「えっ、今「チェンマイ」ってなんかヒッソリと呼んでたよね?」と焦りながらバタバタと荷物をもって集合(=゚ω゚)ノ

 

 

海外って、日本みたいに「時間に正確なイメージ」は全然ないから遅れてくるのはかなり想定内だけど、早まるとはなかなか思わないから「いや、17時って言ったんで準備まだなんすけど(^◇^)」みたいな人がいてもおかしくなさそうだな~と思いました。

 

海外の集合時間は前後に余裕をもって準備しとかないといけないのね(^^;)

 

ということで、宿のみなさんとお別れをして、お迎えの人についていきます。

 

 

まずは小さなトラックに乗せられて、近場のホステルのお客さんをどんどんピックアップしていきました。私は最初の方にピックアップされたので、車内の座席に座るように言われました。

 

でも、車内は4人までしか座れなかったので・・・・・

その後から来た人たちは荷台に直乗りしてました。こんな風に特にイスとかが付いてる荷台じゃなかったんで座りづらかったかもしれません。

 

 

ですが、この時の私が思っていたことは・・・・・

 

「そっちに座れていいな~。トラックの荷台っていつか乗ってみたかったんだよね、なんか映画のワンシーンみたいじゃない(∩´∀`)∩?」

 

という謎の憧れと、なにより車内は冷房がガンガンに効きすぎていたので「ここメチャクチャ寒いから、はやく外に出して((((;゚Д゚)))) お願い!」という思いでいっぱいでした。

 

 

ですが、そんな私の気持ちとは裏腹な会話が車内では繰り広げられていまして・・・・

 

私以外の車内にいた欧米女子3人は「えっ、もしかしてこれから乗る人ってトランクに乗るの?」「多分そうなんじゃない?」「だとしたら、私たちラッキーだったよね!だって、車内はエアコンかかってるもん(*´▽`*)」

 

・・・それを聞いた私は「はいはい、エアコン大好きは「欧米あるある」だよね(^^;)」と思ったのでした。

 

 

本当に面白いくらいに体感温度が違いますよね。もちろん個人差も大きいでしょうが、前にテレビの実験で見たことあるのは、「そもそもの筋肉量が違うから、欧米人男性が一番寒さに強い」という結果だったんですよ。

 

まっ、たしかに私、ぜんぜん筋肉ないしな~(;^ω^)

 

 

そう思いながら震えるような寒さに耐え、たどり着いたのは「Northern Bus Station(ノーザン バス ステーション)」です。

 

 

ルアンパバーン「Northern Bus Station(ノーザン バス ステーション)」の地図はこちらになります。

 

 

で、ここでトラックを降ろされて、スリーピングバスに乗り換える訳だったんですが、みんなそれぞれ行き先が違うし、説明が不十分だったので自分はどのバスに乗ればいいのかが分かりません((+_+))

 

 

あさっての方向のバスに乗り込んだら絶対に困ると思って、連れて来てくれたドライバーさんに「チェンマイ行きはどのバスなんですか?」としつこいくらいに聞き、「これ?本当にこのバス?」と確認します(なんかイマイチはっきりしない)

 

 

どうやら本当に合っているようだったのでバスに乗り込もうとすると・・・

 

その連れて来てくれたドライバーさん、私がホステルで発行してもらった「ルアンパバーンからチェンマイまでのスリーピングバスの領収書」を回収して・・・・・

代わりにラオ語で書かれた、この今から乗るスリーピングバスのチケットと・・・・

 

 

なんだかよく分からない、このレシートを渡されました。

こっちは「明日のバスの所で出しなさい」とのこと。

 

 

「えっ?スリーピングバスって、このバスでチェンマイまで行くんじゃないんだΣ(´∀`;) 途中で乗り換えなきゃいけないの?」

 

「っていうか、どこで乗り換えるんだろう? 場所が分からなくてモタモタしてるうちに乗り遅れそうで怖くない?」

 

「このレシートの中では唯一の手がかりっぽい「BK-CM」って、いったい何のことを言ってるんだ~!」

 

 

などなど、疑問でいっぱいです!

 

むしろ、疑問しかないからかなり不安なんですけど、こんなんでちゃんとラオスからタイのチェンマイまで行けるんでしょうか(;・∀・)

 

 

疑問があるなら聞けばいいんでしょうけど、この時の私は・・・・

 

   

「きっと、このドライバーさんを問い詰めても分からなそうだよな~」「もうイチかバチか行った先でどうにかするしかないでしょう( `ー´)ノ」と、完全なるあきらめムードになっていたので聞かず。

 

 

不安なままスリーピングバスに乗り込みます。すると車内はこのような感じになっており・・・・・

初めて見るスリーピングバスにテンションが一気にアップ(*´▽`*)

 

 

その名の通り、スリーピング出来るように座席じゃなくて、このようにフラットになっています♪

 

ただし、2人で1つのフラットシートを使う仕様のバスでした。だいたいスリーピングバスだと、こういうタイプが多いみたいですね。

 

 

「自分の隣はどんな人が来るんだろう?」とドキドキしていたら、カナダ人女子でした。

 

私としては「2人でいても思ったよりギューギューではないし、まあまあかな」って感じでしたけど、2人とも大柄な男性とかだったらかなり狭そうですね(^▽^;)

 

このように座席には番号があるので、もらったスリーピングバスのチケットの右上に書かれているシートナンバーの場所に座ります、というか寝ます(´ー`)

 

 

座るとなると私の座高でもギリギリ頭がぶつかりそうな感じなので、基本は横たわった状態でいることになりますね。

 

このように「どこかのご家庭から持ってきた?」という雰囲気の枕と毛布も用意されています。

 

 

このスリーピングバスも冷房が効いてたので、毛布があって助かりました(´ー`)

 

 

「何時に出発するのかな?」と思っていたら、17:40ごろに気がついたらゆーっくり発車していました。横になってるから窓からの景色が見えなくてよく分からなかった!

 

 

発車して少ししたら、係員の人がこれを全員に配り出しました。

「ん?なんだ、この子袋は(。´・ω・)?さっき、バスに入る前にも袋もらって、それは靴を入れておく袋だったけど・・・」

 

 

隣りのカナダ女子も「これ何?」って不思議そう。結局、何の説明もないから、はっきりとした意図は分からないまま。

 

 

でも、すぐに「きっと、これはエチケット袋ってことなのかな?」と解釈。

 

私にはナゼか2枚くれたんだけど、だとしたら「こいつ、超はきそう~Σ(´∀`;) よし2枚渡しとくか!」ってことなの??

 

 

お気遣いは有難いですが、基本、私は乗り物酔いしないタイプなんですけどね~(;^ω^)

 

 

1時間半くらい走って、どこかでバスが長時間とまっていたので「あれ、トイレ休憩かと思って外に出なかったけど、ご飯休憩なのかな?」

 

 

と、バスを降りてみましたけど、べつに何にもない野原みたいな所でレストランとかはなかったです。

 

私が気づかなかっただけかもしれませんが、念のため、食料は自分で用意してから乗った方がいいかもしれませんね。

 

 

ちなみに暗くなってきたら、このように車内は緑と青の蛍光灯がついて、かなりド派手な雰囲気になっていました。

 

 

そのまま、揺れるスリーピングバスをもろともせず、ぐっすり就寝。

 

 

朝6:20くらいにバスを降ろされました。誰かに「そっちのバスに乗りかえろ」と言われたので・・・・・

このバスに近づいていって、聞いてみたら「あっ、これはチェンマイ行きじゃないよ」

 

「チェンマイ行きのバスなら、そこのトゥクトゥクに乗って近くのバスステーションまで行って、そこから乗らないと」と言われ・・・・

 

 

これぞ、「ザ・たらい回し」の様相を呈してきました(;´∀`)

 

 

私「え~、そうなの?確かにさっきトゥクトゥク乗ってる人も見かけたな~」

 

だけど確信が持てず「うーん、どうしよう?これで変な所に行っちゃったら、チェンマイにたどり着けなくなっちゃう(゜-゜)」と戸惑っていると・・・・

 

おそらく、さっき「あのバスに乗りかえろ」って最初に行った人物(ただし、顔ハッキリ覚えてないから同一人物なのかどうか怪しい)が、「とりあえず、ここで待っとけ」っていうんですよ。

 

 

「でも、あのバスの人はトゥクトゥクで別のバスステーションに行きなさいって言ってたけど」と説明しましたが「とりあえず、ここで待て」と。

 

私「え~っ、やけに自信満々だけど、本当に大丈夫なんでしょうね?」

 

 

「っていうか、そもそもこのオッチャンはどの立場の人なんだ?ここのバスターミナルの人なの?それすらもよく分からないんだけど(;´∀`)」

 

 

いったい、ワタシは誰の言うことを信じればいいの~(゚Д゚;) 次回へつづく

 

(つづきは、ラオス出国とタイ入国、チェンマイまで疑念と混乱のバス移動!!からどうぞ)

Pocket

Sponsored Link

いつもお読みいただき、応援してもらい、誠にありがとうございます(*´ω`*)

まいにち1回、こちらのボタンをちょっくらポチッと押して頂けますと、ランキングが上位になって、めちゃんこ嬉しいです(*´Д`)

お手間を取らせますが、よろしければご協力よろしくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ


にほんブログ村

PC用 336×280レクタングル(大)

PC用 336×280レクタングル(大)

-世界一周, 長距離バス・ローカルバス, タイ・チェンマイ, ラオス・ルアンパバーン

執筆者:


  1. Україна より:

    続きは…( ・∇・)マダデスカ?

    • haru より:

      Україна様、お待たせいたしました。

      続きアップしましたので、ご覧くださいませ(*- -)(*_ _)ペコリ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダンスバトルにドリアン、バンコク週末の夜は刺激的なことでいっぱい♪

ホステルで同じ部屋になった日本人の女の子と一緒に晩ご飯を食べることになり、私のバンコクライフの中で一番女子らしいレストランに入った前回(*´▽`*)   そもそもレストラン自体にそんな入って …

最初の行き先はタイのバンコクに決定!その理由とは・・?

出発する1か月半くらい前のこと、「ところで、ルートはどうするのか?」という問題にぶち当たります(;^ω^)   今までの私は、だいたい1週間から長くて20日くらいの旅をして来ましたが、ツアー …

バンコクで最も気をつけるべきことは道路の横断!交通ルールなんて存在しないも同然!!

さて、前回はバンコクの美味しい食べ物をご紹介しましたが、今回は私が思う「バンコクで気をつけるべきこと」をお伝えしていきます(^^)/     えーっと、イチバン強く言いたいことはで …

カオサン通りのレストランで何故か考える「酢豚にパイナップル問題」(笑)

バックパッカーの聖地「カオサン通り」にやって来て、とりあえず端から端まで歩いてきました。   やっぱり看板が飛び出ていてゴチャっとしてます。 さぁ、そろそろお腹もすいてきました。 &nbsp …

予防接種を受けて考えるタイの国民性「マイペンライ(気にしない)」精神!!

お腹がいっぱいになったところで、はりきって?予防接種に向かいましょう(=゚ω゚)ノ     そういえば前回、初めて来た時は「地図アプリに病院の場所をマークしておかない」という致命的 …

サイドバーのアドセンス

Sponsored Link

プロフィール


名前:haru

超アナログ人間の私が、苦手ジャンルなのになぜだかブログに手を出してみた('◇')ゞ

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆

普段の休日は完全インドア派なのに、海外旅行が超大好き♪

とんでもなく面倒くさがり屋で、ハンパなくおおざっぱ!

そんな性格の私が、女一人で海外をあちこち旅した時のことをつづるブログになります(*^-^*)

「こんな人でも1人で世界一周に行けるんなら、私もきっと海外旅行くらい楽勝だな(*´ω`*)!」と思って頂ければ、これ幸いです♪