女一人旅、海外ドタバタ珍道中

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆ 超絶めんどくさがりにも世界一周は出来るのか?を検証してみます(∩´∀`)∩

ローマ イタリア 食べ物・レストラン・カフェ 海外旅行で心がけているコト

「イタリアでカルボナーラを食べた!」という既成事実をムリヤリ作る(笑)

投稿日:

Pocket

ローマの街角の露店で、必要以上の大絶賛を受けたあと( *´艸`)、お腹がすいたので、周辺をぶらぶらしてみて、お昼ご飯が食べられそうなところを探しました。

 

(その大絶賛されたお話は海外に出て気づかされる「日本人の美徳」とは・・・からどうぞ)

 

すると、ファストフード店っぽかったんですが、カルボナーラがあるお店を発見!!

 

 

いや~、実は私、イタリアに来て、合計2週間くらい滞在したにも関わらず、まだ1度もカルボナーラを食べてなかったんですよね~(;^ω^)

 

実はこの旅の、一番最初にローマに到着した時、カルボナーラ発祥のお店と言われている「La Carbonara(ラ カルボナーラ)」というお店に行ってみたんですよ。

地図ですと、こちらですね。

 

けど、夜に「予約もなし」に行ったので、いっぱいで入れなくて・・・・((+_+))

 

「でも、時間がもっと遅くなれば、1人くらい大丈夫かも(*’▽’)」と思って、さらに2時間後くらいに突撃してみましたが、やはりダメでした。。。_| ̄|○ガクッ

 

まぁ、カルボナーラ発祥ということで、超有名なお店ですし、予約なしでディナーに行く方が「どうかしてるぜ!!」ってことなんでしょうかね(^^;)

 

 

という訳で、それからはずっとカルボナーラを食べる機会にも恵まれず、そもそもローマ発祥だから、他の地域ではそこまででもないのか、特に意識することもないまま、過ごしていました。

 

でも、ぶらぶらしていた時に、カルボナーラがあるお店を見つけて、「おっ、そうだ!イタリア来て、カルボナーラ食べないで帰るのもどうよ( `ー´)ノ」ってことで、そのお店に入ってみることに。

 

すると、店員さんは全員、西アジアっぽい感じの人たちで、メニュー表を見ると、カルボナーラが7ユーロで、ケバブのようなものは3ユーロくらいだったので・・・

 

「むむ、ここのお店のウリは、どう考えてもカルボナーラではなくて、ケバブなんでは( ^ω^)・・・」という感じがし、「絶対ケバブの方が美味しそうな予感・・・」と若干悩みます(;・∀・)

 

きっと、あんまり出ないカルボナーラは、作るのに手間がかかるから割高で、よく出る人気商品のケバブはたくさん用意してあるから、安めなんじゃないの??と。

 

ですが・・・・・・・・

 

 

「イヤ、けど、私は「イタリアでカルボナーラを食べたんだ!!」という既成事実を作りたい!!」ということで、結局はカルボナーラを頼みました(笑)

 

しばらく待っていると、カルボナーラ到着(^^♪

ほぉ~、これがローマでの「初カルボナーラ」ですね☆

 

では、いただきます(^^)/

   

 

って、「熱っ~(´Д`υ)アチッ」予想以上の「出来たて」でした(^^;)

 

気を取り直して、少し冷ましてから頂くと、美味しいけど、ちょっと味が薄めかな~?という気がしました。

 

まぁ、この何日かで「間違いなく濃い味付けの食事をずっとしてきたから」というのもあるかもしれませんが、それを差し引いても、味うすいな~。(やっぱり、カルボナーラ作り慣れてないのかな(^^;)?という気がする(笑))

 

ということで、「え~っと、テーブルに塩コショウは~?」と見渡しましたが、無かったので・・・・

 

店員さんが通った時に、「スミマセン。ソルト&ペッパーください(^^)/」とお願いすると、その人はちょっと戸惑った様子でレジの方の人に、なんだかんだ母国語で言っていました。

 

が、しばらくして持って来てくれましたよ(^_-)-☆

なぜか、「パルメザンチーズ」を!!(笑)

 

どこをどうやって、伝わってこうなった(^^;)?と思いましたが、私も「はっ、たしかにカルボナーラなんだから、結果的にチーズの方が良かったね。グラッツェ(^^♪」となりました。

 

おそらく、向こうも気を利かせてチーズにしてくれたのかな~?という感じがします。そして、「普段はわざわざ、こんな風にしてチーズを出すことはないんだけどね(*^▽^*)」って雰囲気も感じたので、ひょっとしたらサービスしてくれたのかもしれません。

 

だとしたら、このお店も入った時からイタリア語で挨拶したりして、店員さんたちと、ちょっと仲良くなっていたおかげかも(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

 

やっぱり、店員さんとはある程度、コミュニケーションを取っておいた方がいいですね(^_-)-☆

 

 

日本では、飲食や買い物をするようなお店に、自分がお客さんとして行った場合、「いらっしゃいませ」と店員さんに言われても、それに対して返事をすることはあんまりないと思います。

 

でも、国によっては、それが「挨拶を無視している」と受け取られて、「かなり感じの悪い態度」にうつるという情報も目にします(;・∀・)

 

店員さんとお客さんは「立場が対等」ということですね!

 

どうしても、日本では「お客さんの立場が圧倒的に上」ということが多いですから。自分が接客する側の時は、それでだいぶ苦労したので、「いいな~、うらやましいな( *´艸`)」と思ったものです(笑)

 

 

自分でも、日本でお客さん側としていくと、気づかぬうちに「店員さんからの一方通行」になってることがあるので、海外に行く時にはすごく意識的に、むしろ店員さんから声を掛けられる前に、その国の言葉で「こんにちは~(^^)/」といって、お店に入ることが多いです。

 

それは「私は決して怪しいものじゃありません(^◇^) このお店に害を加える気はないし、いたって普通のお客です!!」というアピールでもあるし(笑)、「感じ悪い」と思われる可能性があるなら、国によっては「な、なんか変なヤツが、いきなり挨拶してきたよ・・・(;^ω^)」と思われても、そっちの方がまだイイのかな~?と思って(^^;)

 

日本でも海外でも、お客さんも店員さんも、お互いに気持ちよく過ごせるように、気をつけていきたいなと思います☆

Pocket

Sponsored Link

いつもいつも応援どうもありがとうございます☆

最近ワタクシ、DA PUMPにドハマりしております(*´ω`*)(特にU-YEAH(ゆうや)推し)

「自分もそうだよ♪」って方もそうでない方も、ぜひランキングボタンをポチっとお願いします(笑)


にほんブログ村

PC用 336×280レクタングル(大)

PC用 336×280レクタングル(大)

-ローマ, イタリア, 食べ物・レストラン・カフェ, 海外旅行で心がけているコト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スーパーハイスペックなコロンビア女子と私の唯一の共通点とは・・・

さらに、コロンビア女子との思い出を振り返ってみると、彼女は本当に底抜けに明るいんです。   そこにいるだけで自然と周りの人たちを明るい気持ちにさせちゃう「南米の太陽のような人」(まだ南米には …

ハンガリーのブダペストは激安で食べられるフォアグラ天国☆

初ハンガリーで浮かれ気味に街を散策して上機嫌に(^^)   (そんな前回のお話は、ブダペストの空港から市内へ&世界遺産の「地下鉄1号線」♪からどうぞ)     じゃあ、そ …

ホステル選びの重要なポイントは泊まった人たちの口コミ情報!!

フィレンツェの素晴らしい夜景を見たあとは、バスを使って帰ります。   (その絶景の模様は、ライトアップされたフィレンツェの素晴らしい夜景にウットリ☆からどうぞ)     …

サンマルコの鐘楼にのぼれば、ヴェネツィアが一望できちゃう!!

圧倒的な迫力のサンマルコ寺院の見学を終えた後は・・・・・   (前回のお話は、ヴェネツィア、サンマルコ寺院に入る時の服装や持ち物には注意!からどうぞ)     すぐ近くに …

旅人の必須アイテム!地図アプリ「マップスミー」で楽々とトレビの泉に到着♪

ジェラートも巻き目に食べて(笑)、大満足の私が次に向かった先はどこでしょうか?     ・・・正解はトレビの泉です!! おぉ、有名どころですね~(*^-^*)   地図を …

サイドバーのアドセンス

Sponsored Link

プロフィール


名前:haru

超アナログ人間の私が、苦手ジャンルなのになぜだかブログに手を出してみた('◇')ゞ

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆

普段の休日は完全インドア派なのに、海外旅行が超大好き♪

とんでもなく面倒くさがり屋で、ハンパなくおおざっぱ!

そんな性格の私が、女一人で海外をあちこち旅した時のことをつづるブログになります(*^-^*)

「こんな人でも1人で世界一周に行けるんなら、私もきっと海外旅行くらい楽勝だな(*´ω`*)!」と思って頂ければ、これ幸いです♪