女一人旅、海外ドタバタ珍道中

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆ 超絶めんどくさがりにも世界一周は出来るのか?を検証してみます(∩´∀`)∩ 【見たい知りたい記事】はPCはサイドバー上部・スマホは下の方にスクロールしてオレンジ色の部分に【検索まど】があるので、そちらからぜひ探してみてくださいませ(*- -)(*_ _)ペコリ☆

世界遺産 インスタ映え・世界の絶景・絶品 観光スポット・観光名所・有名観光地 世界一周 ボスニア・ヘルツェゴビナ・モスタル

モスタルおすすめ観光スポットは?ボスニアの生活と歴史を学ぶ!

投稿日:2019年1月14日 更新日:

Pocket

ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタル、美味しいし雰囲気がいいレストランも多くて大満足( *´艸`)

 

(そんな前回のお話は、モスタルのおすすめレストラン☆オシャレVS民族衣装のお姉さん♪からどうぞ)

 

 

世界遺産「モスタル」おすすめ観光スポット!

 

今回は、世界遺産の街「モスタル」の観光スポットをお届けしま~す♪

 

 

古い橋(スタリ・モスト)

 

モスタルの「古い橋(スタリ・モスト)」の画像

スタリ・モストの画像

まず、モスタル観光で、絶対にハズせないスポットは「古い橋(スタリ・モスト)」です(=゚ω゚)ノ

 

 

この「古い橋(スタリ・モスト)」については、少し前の記事でもお伝えしました。

 

(その時のお話は、世界遺産のモスタル観光!エキゾチックなお土産がいっぱい☆からどうぞ)

 

 

モスタル「古い橋(スタリ・モスト)」の地図はこちらになります。

 

 

美しいモスタルのシンボル「古い橋(スタリ・モスト)」

モスタルのシンボル「スタリ・モスト」

実はこの「古い橋(スタリ・モスト)」は、そのキレイな見た目とは裏腹に「悲しい歴史」があるんですよ。

 

1991年に勃発した「ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争」によって、モスタルでもたくさんの人たちが命を落としてしまいました。

 

そして、モスタルの街のシンボル「古い橋(スタリ・モスト)」も、1993年に爆破によって破壊されてしまったんです。

 

1995年に、ようやく「ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争」は終結しましたが、モスタルの街に多くの犠牲と傷跡を残します。

 

その後、2004年に「この時の民族間紛争を忘れないように」「同じことを二度と繰り返してはいけない」と平和の願いを込めて、壊されてしまった「古い橋(スタリ・モスト)」を再建しました。

 

古い橋(スタリ・モスト)のたもとにある石碑

古い橋(スタリ・モスト)のたもとにある石碑

なので、「古い橋(スタリ・モスト)」のたもとには、このように「DON’T FORGET ’93」と書かれた石碑があります。

 

 

実は、この街の名前である「モスタル」というのは、ボスニア語で「橋を守る人」という意味があるそうです。

 

そういう歴史があったことを知った上で聞くと、「橋を守る人」という意味がより深く感じられるようになりますよね。

 

 

1991年に始まって1995年に集結したということは、「ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争」はまだ終わってから25年も経っていません。

 

日本ではその時代、「戦争」とか「紛争」っていう言葉を日常的に意識することもなく、平和に暮らしてたと思うと・・・・・

 

たった20数年前、モスタルの人々がそんな悲惨な日常を送っていたなんて信じられませんでした。

 

民族紛争によって破壊されたモスタルの建物

民族紛争によって破壊されたモスタルの建物の画像

でも、実際にモスタルの街中を歩いてみると、こんなふうに紛争で破壊されてしまった建物が多くみられました。

 

「紛争の傷跡」は今もなお、モスタルの街に残っているんですね。

 

美しいモスタルの街並み

美しいモスタルの街並み

こんなにキレイなモスタルの街、これからもずっと平和が続きますように。

 

 

・・・っと、当ブログらしからぬ、超真面目モードでお伝えしましたが、いつものような調子で書くお話ではなかったんで、らしくなくてもマジメにお伝えしました。

 

(つまりは、いつもは「超おふざけモード」ということになる)

 


 

ということで、ここからは、いつものモードで「当ブログらしさ全開」で突っ走ります(笑)!

 

続きまして、お伝えするモスタルおすすめ観光スポットは・・・・・

 

ハマムミュージアム

 

モスタル「ハマムミュージアム」

モスタル「ハマムミュージアム」

こちらのモスタル「ハマムミュージアム」です。

 

ハマムとは、トルコや中東諸国などの「公衆浴場」のことを言います。

 

 

モスタル「ハマムミュージアム」の地図はこちらになります。

 

入場チケットを買って、中に入ります。

 

モスタル「ハマムミュージアム」の入場料は4マルカ(約264円)でした。

 

 

モスタル「ハマムミュージアム」の内部

モスタル「ハマムミュージアム」の内部

モスタルの「ハマムミュージアム」の内部はこんな感じ♪

 

 

モスタル「ハマムミュージアム」の展示品

モスタル「ハマムミュージアム」の展示品

ほうほう、なんだか確かにトルコとか中東とかっぽい雰囲気を醸し出している展示品の数々があります。

 

ただし、具体的にコレをどの場面でどう使うのかは「ハマム文化」に詳しくない私には分かりませんでした(^^;)

これは背中とか流すときに使ったんでしょうか?

 

だから、よく「画像はイメージです」っていう言葉がありますけど・・・・・

 

この「ハマムミュージアムの展示品」は、私にとって「画像は実物ですが、使用方法はイメージです」ってことになります(;´∀`)

 

モスタル「ハマムミュージアム」石鹸の展示品

モスタル「ハマムミュージアム」石鹸の展示品

これは「きっと石鹸なんだろうな~」というのは分かりました。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この辺りが、ちょうどこの記事の【真ん中へん】になります(^^♪

「今は読む時間ないな~」という方は【ブックマーク】して、あとでゆっくり続きをご覧くださいませ((*_ _)ペコリ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

海外旅行の「オプショナルツアー」は【タビナカ】で見つけちゃおう♪

せっかく海外に行くんだから【やり残し】があったら勿体ない!!((+_+))

日本語ガイドで安心!海外ツアーならタビナカ

 

海外旅行はそこでしか出来ない事がいっぱい☆【やりたい事】は全部やっときましょう(*'▽')ノ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

いろんな種類の石鹸があります。ハマム(公衆浴場)では、こんなたくさんの石鹸が使われてたんですね。

なんか色味的にすごく美容に良さそうな雰囲気ですよね?

 

「ハマムミュージアム」の入り口付近にはお土産コーナーがあって、いっぱい石鹸が販売されてたので「モスタルのお土産」にいかがでしょうか?

すっごく香りも良かったし、「ハマムミュージアム」の石鹸、お土産におすすめですよ。

 

モスタル「ハマムミュージアム」櫛の展示品

モスタル「ハマムミュージアム」櫛の展示品

こっちの展示品は「櫛(くし)」と「鏡」ですね。

 

この櫛もけっこう種類あるし、中には日本の櫛っぽいのもあって面白い(*´ω`*)

 

モスタル「ハマムミュージアム」の展示品

モスタル「ハマムミュージアム」謎の展示品

「この展示品はなんでしょうね?」まぁ、普通に考えたら真ん中のはカップなので、ハマム(公衆浴場)後にティーブレイク♪とか?

 

日本でいう銭湯に行った時の「風呂上がりのコーヒー牛乳」みたいな感じ??

 

※説明はイメージです。

 


 

そんなワケでモスタルの「ハマムミュージアム」、こまかい展示品の内容については、謎を残したままですが(ただ無知なだけ)、楽しめました(´ー`)

 

「ハマムについての映像」を流すブースもあったので、興味のある方はそこでジックリと映像を見たら、私よりは少なくともハマムについての理解が深められるかと(笑)

 

 

さてさて、「モスタルのおすすめ観光スポット」、次は「BosnaSeum」という博物館です。

 

BosnaSeum(博物館)

 

ボスニア・ヘルツェゴビナとモスタルの歴史について知ることが出来る博物館です。

 

 

モスタルの博物館「BosnaSeum」の地図はこちらになります。

 

 

モスタルの博物館「BosnaSeum」の入場チケット

モスタルの博物館「BosnaSeum」の入場チケット

モスタルの博物館「BosnaSeum」は、入場料6マルカ(約396円)でした。

 

 

 

モスタルの博物館「BosnaSeum」の展示品

モスタルの博物館「BosnaSeum」の展示品

モスタルの博物館「BosnaSeum」には、このようにボスニアの人たちの生活が分かる展示品がたくさんありました。

 

なんだか、とっても可愛らしいお部屋ですよね(*’ω’*)

 

 

モスタルの博物館「BosnaSeum」ボスニアの民族衣装の展示品

モスタルの博物館「BosnaSeum」ボスニアの民族衣装の展示品

こちらはボスニアの民族衣装がいっぱい☆

 

これは「結婚式の衣装」なのかな?

 

※説明はイメージです(2回目)

 

モスタルの博物館「BosnaSeum」刺繍についての展示

モスタルの博物館「BosnaSeum」刺繍についての展示

ボスニアは「刺繍」の製品もたくさん作られているようです。

 

こんなステキなボスニアの民族衣装を着たお姉さんが、ひと針ひと針「刺繍」してるなんて、なんかイイ~(´艸`*)

 

モスタルの博物館「BosnaSeum」刺繍の展示品

モスタルの博物館「BosnaSeum」刺繍の展示品

出来上がった刺繍製品がこちらですね。

 

色合いも柄もすっごく可愛い(^^♪

 

モスタルの古い橋周辺のお土産屋さんにも、いっぱい「可愛らしい刺繍製品」売ってるので、これも女子向けのお土産におすすめです☆

 

モスタルの博物館「BosnaSeum」館内の画像

モスタルの博物館「BosnaSeum」館内の画像

この「BosnaSeum」、かなり広い範囲にわたって、展示品があります。

 

 

そして、この博物館では先ほどお話した「ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争」についての展示も数多くありました。

 

モスタルの博物館「BosnaSeum」ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の展示

モスタルの博物館「BosnaSeum」ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の展示

すごく悲惨な歴史ですが、また紛争を繰り返さないためにも忘れてはいけませんね。

 

 

モスタルの博物館「BosnaSeum」ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の展示

モスタルの博物館「BosnaSeum」ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の展示

博物館ではこのような展示品だけじゃなく、「ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争」に関する映像も流されていたので、歴史に詳しくなくてもどんなことがあったのか分かります。

 

「ハマムミュージアム」の映像は流し見でしたが、こちらの「紛争に関する映像」はきちんと1回りするまで全部見てきました。

 

 

モスタルの博物館「BosnaSeum」民族衣装の展示品

モスタルの博物館「BosnaSeum」民族衣装の展示品

ということで、モスタルにある博物館「BosnaSeum」はボスニアのことが色々分かる、とても興味深い博物館でした。

 

 

先ほどご紹介した「ハマムミュージアム」も、この博物館「BosnaSeum」も、「古い橋(スタリ・モスト)」から歩いて行ける距離にあるので、モスタル観光の際はいかがでしょうか?

 


 

あっ、そういえば、ちなみに「古い橋(スタリ・モスト)」は今では・・・・・

 

橋からの「飛び込み」が伝統になっています。

 

なんか、夏には古い橋(スタリ・モスト)からの「飛び込み大会」も行われているようですが・・・・・

 

モスタル「古い橋(スタリ・モスト)」からの飛び込み

モスタル「古い橋(スタリ・モスト)」からの飛び込み

「飛び込み大会」以外でも、日常的に古い橋(スタリ・モスト)からは「飛び込み」が行われていて・・・・・

こんな風に、周りに集まった観光客からチップをもらって飛び込んでます(笑)

 

「なんか、やたら「古い橋(スタリ・モスト)」に人集まってるな?」と思ったら、きっとチップを集めて飛び込むところなので・・・・・

 

見てみたい方は、ぜひ「飛び込む人がいないか?」ちょくちょく橋でチェックしてみてくださいね~( *´艸`)

Pocket

海外旅行に行くなら【入会金・年会費が無料!】なのに・・・

海外旅行傷害保険付帯で補償内容がビックリ(゚Д゚)するほど充実している【エポスカード】 を上手に活用しないと損です(=゚ω゚)ノ

【エポスカード 】は何がどうお得なのか?当ブログでも書いてみましたので・・・

【エポスカード】が海外旅行に行くなら断然オススメなこれだけの理由♪から読んでみてくださ~い☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

海外旅行の時に【英語を使って外国の人たちと楽しくおしゃべり♪】してみたくないですか(*'▽')?

 

よくある【たった1週間でラクラク英語力が超ア~ップ(´∀`)♪】とか・・・・・・

そんなのゼッタイ有り得ないですよっ!!!!

 

それなら【とっくに日本人全員がもう英語ペラペラになってる】でしょ!

 

リクルートの【スタディサプリ】は毎日少しずつムリなく続けられます。

なんだかんだ言っても英語の習得には継続がイチバン効果があるんです(*'ω'*)

  

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

とりあえず【無料体験】で、一歩ふみだしてみましょう☆

一度試してみて【AppStore教育カテゴリランキング \ 1位 /獲得】の実力を感じてみませんか( *´艸`)?

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「海外WiFiレンタル利用者数ナンバーワン」の海外インターネット
グローバルWiFi
は、現地に着いたら即インターネットにつながるから、ムチャクチャ安心~(*´ω`*)ホッ

  

海外でネットが使えないのは、思ってる以上にストレスです(+o+)

慣れない場所だと分からない事もたくさんあるので、いつでも調べられるようにWi-Fiを準備しておきましょう!

  

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【おすすめ記事】

「私も海外旅行いきたいな~(*´ω`*)」って人はこちらもどうぞ☆

海外旅行の計画の立て方・具体的な手順とコツ♪

 

「海外行きたいけど、英語が心配だな(;・∀・)」って人はこちらもどうぞ☆

シャイな日本人が「英語力アップ」するのに必要なマインドとは・・・

 

「海外旅行にあると便利なもの」はこちらからどうぞ☆

エポスカードが海外旅行に行くなら断然オススメなこれだけの理由♪

 

 

当ブログをお読みいただき、ありがとうございま~す(^^)/

ブログランキングの応援ポチッとな☆1日1回よろしくお願いします~♪


にほんブログ村


世界一周ランキング

-世界遺産, インスタ映え・世界の絶景・絶品, 観光スポット・観光名所・有名観光地, 世界一周, ボスニア・ヘルツェゴビナ・モスタル

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください!!(スパム対策☆)

関連記事

ヴェネツィア名物「イカ墨パスタ」がどうしても食べたい!

ヴェネツィアの名物「イカ墨パスタ」という秘境?を追い求めた旅も、前回イカ墨ではなかったとは言え、美味しいパスタとパニーノを食べて大団円を迎えたのでした(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ   (前 …

バンビエンからルアンパバーンまでのバス移動でハプニング発生!!

バンビエンからルアンパバーンまでのバス移動でハプニング発生!!

大自然の癒しがいっぱいで大のお気に入りの街になった、ラオスのバンビエン!     夜になるとお犬様たちが昼間とは全くの別人(いや、別犬)になることに驚愕しつつ、一夜明けて、いよいよ …

パラグライダーにエクササイズ、ラオスのメコン川沿いでの過ごし方♪

ある日の夕方、メコン川沿いを散策していると、思わぬものに遭遇しましたΣ(´∀`;)     見てください、コレ! パラグライダーです(*’▽’) &nbsp …

会社を辞めて家も引き払い長期で海外に行く!と言った時の家族の反応は・・?

えーっと、あともう少し「旅の準備編」があるのですが、この辺りでひとつ、私が世界一周すると言った時の「家族の反応はどうだったのか?」を書いてみようかな~と思います(^◇^)     …

LCC(格安航空会社)のデメリットとタイの入国カードの記入方法について☆

ご飯を食べたり、空港内をぶらぶらしたりしてたら時間が近づいて来ましたので、そろそろ乗り換えの飛行機のゲートに向かってみましょう(´ー`)     「L6のゲート」と電光掲示板に表示 …

検索案内

ここから、【知りたい見たいキーワード】を入力して検索してください(^_-)-☆
↓↓一発で出てくるから便利~♪↓↓
もし検索結果に出てこなかったら、もう少し下にスクロールして【カテゴリー】から探してくださいませ(*´ω`*)

エポスカード3

  

【海外旅行傷害保険付帯】だから海外旅行にメッチャ最適なクレジットカード(^^♪

【最短即日発行】も出来ちゃう☆

【エポスカード】

海外旅行いくなら、メチャクチャ便利で【お得しかない♪】

『エポスカード』をゼッタイに持っていこう(∩´∀`)∩

当ブログでも【エポスカード】について【どんなふうにお得なのか?】を

エポスカードは海外旅行保険が超充実♪えっ、まだ入会申し込みしてないの⁉

で詳しく書きましたので、ぜひともお読みくださいませ(^_-)-☆

海外行くなら、知らないと【そうとう損!!】しちゃいますよ~!!!!

そ~んなのはイ~ヤだぁ~(((゚Д゚;))))ガクガクブルブル

カテゴリー

プロフィール


名前:haru

超アナログ人間の私が、苦手ジャンルなのになぜだかブログに手を出してみた('◇')ゞ

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆

普段の休日は完全インドア派なのに、海外旅行が超大好き♪

とんでもなく面倒くさがり屋で、ハンパなくおおざっぱ!

そんな性格の私が、女一人で海外をあちこち旅した時のことをつづるブログになります(*^-^*)

「こんな人でも1人で世界一周に行けるんなら、私もきっと海外旅行くらい楽勝だな(*´ω`*)!」と思って頂ければ、これ幸いです♪