女一人旅、海外ドタバタ珍道中

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦☆ 超絶めんどくさがりにも世界一周は出来るのか?を検証しました(∩´∀`)∩ 

海外旅行、旅先で感じたコト・人生観など ギリシャ ウクライナ ヴァチカン

ウクライナ、ギリシャ、ヴァチカンを振り返る♪そして、最後に「重大発表」が!?

投稿日:

PR
Pocket

前回に引き続き、「2016年ヨーロッパ女一人旅」を振り返ります(=゚ω゚)ノ

 

 

ハンガリーのあとに行った場所、それは「今までで、最もなにが何やら分からない国」ウクライナ!!

 

今となっては、「どこからどうなって、ウクライナにたどり着いたのか?」自分でも経緯を覚えていませんが、なんでか旅ブロガーさんのウクライナ旅行記を見て、「わぁ、キレイな建物~☆」と思ったアンドレイ教会がきっかけだったのは覚えています(^◇^)

これが、そのアンドレイ教会ですね♪ 工事中で中には入れないというオチ付きでしたが(^^;)

 

そして、「ウクライナに行くとなったら、ここにも行かなきゃでしょ(*´з`)」ということで行ってきた「海外旅行者にお馴染みの絶景スポット」である「愛のトンネル」☆

行くまでは大変でしたし、戻るのも「えっ、まさか、もうバスなくて帰れないの?」と思うようなビックリ展開がありましたが、なんとか、帰って来られてホッとしましたね~ε-(´∀`*)ホッ

 

どちらも、実際に行って自分の目で見て来られて、とっても達成感がありました☆

 

どんな場所もそうですけど、勝手に頭でイメージしてるのとは、多かれ少なかれ違いがあるので、それを確かめるのが面白いです(*´▽`*)

 

 

それと、ウクライナこそ、この旅で「イチバン物価が安い国」でした!!

 

ホステル1泊400円くらいで泊まれちゃうんですもん。ホントは1か月くらい、ノンビリしていたかったです( *´艸`)

 

だって、ご飯もすごく美味しかったから、もっと色んな種類を食べてみたかったですし、たくさん食べても激安なので、安心してめいっぱい食べられますからね♪ ホント、いい国ですよ(´ー`)(私にとって、「物価安いは正義!!」)

 

 

心配というか、ある意味、どうなるのか楽しみにしていた、ウクライナの英語通じなさ加減は「まぁ、ホントにそうだこと(^◇^)」と思いましたけど、それでも旅する上では、そこまで「めちゃくちゃハードモード」って気はしませんでした。

 

言葉が通じないと、「どうにもならないこともある」けど、でも、そんなに細かいことじゃなければ、大体は熱意と行動で「どうにかなります」!!

 

いや、「どうにかしましょう」(=゚ω゚)ノ(笑)

 

 

次に行った「ギリシャ」、こちらは「弾丸」もいいところで、1日も居られなかったのですが、それでも雰囲気は満喫できました☆

パルテノン神殿は、結果的にバッタバタの見学になりましたが、いちおうは見られたので意義はあったでしょう!(ムリヤリ言い聞かせる!!そして、こちらも、やはり工事中(笑))

 

今回ギリシャに関しては、「やり残し」というか、「やった事がほぼない!!」状態ですので、今度行く時は2日以上は居ましょう(笑)

 

 

そして、またまた戻ってきたイタリアでは、ホステルで長期旅行をしている「日本人お三方」に会って、色んなお話を聞いたりお出かけしたり、「コロンビア女子」に会って、旅の予定を変更して一緒に3日ほど過ごしたりと、とっても楽しかったです(^^♪

 

 

美味しいもの食べたり、キレイな景色を見たり、芸術に触れたり、そういうのが「旅の楽しさ」であり「喜び」なんですけど、旅行中の「人との触れ合い」というのもまた、大きなウエイトを占めているな~と改めて思いましたね。

 

現地の人たちとの交流もそうですし、旅人同士の交わりというのも面白いです( *´艸`)

 

 

旅先で会う日本人の方たちと、こんなにガッツリとお話したことはなかったんですが、旅する上での情報をたくさん教えてもらって、とても勉強になりました☆

 

そして「旅行好き」という趣味がバッチリ会う人たちなので、話してるとスゴ~く楽しくて時間が経つのも忘れてしまうくらいです。私、趣味というのが昔から、そんなにないもので、こういう風に同じ趣味の人たちと熱く語り合う経験も貴重だったなと思います(*^-^*)

 

 

そして、交流するのが海外の人とだと、考え方が全然違ったり、文化や習慣も様々で「へぇ~、そういうことしてるんだ~(^^)」と興味深く思うことも、よくあります。

 

色んな思考をする人たちと接していると、私が今「コレは常識である」とか「ソレが正しい道だろう」と思っているようなことが、「実は、自分の中だけの狭い基準で決めつけていることなんじゃないのか?」と思うような時があるんです。

 

 

なので、そういった「とらわれた枠の中だけに居ないで、様々な視点から物事を見ていける」ように、これからも、色々な国や人と触れ合っていく機会をつくりたいな~と思います。

 

 

と、まぁ、そんなわけで、最初のローマ滞在時に行った「バチカン市国」も合わせて、今回の旅で合計5ヵ国に行ってこられました(^^♪

ヴァチカンは小さい国ですが、見るべきものはいっぱいでしたよ☆ 「ここ、テレビで見たことある~(^^)」という場所ばかり!!

 

 

近くに位置する国でも、ぜ~んぜん違うから、やっぱり旅は面白いし、興味は尽きるどころか増すばかりです(*’▽’)

 

 

 

ということで、「さっそく、次の旅に出かけましょう(^^)/」

 

 

 

 

実は、もう、すでに出かけてたりして・・・・・・(*´▽`*)

 

 

 

 

しかも、今回の旅は「無期限」だったりして・・・・・・・・(´ー`)

 

 

詳細は、次回、お伝えさせていただきます(=゚ω゚)ノ

Pocket

海外行くなら傷害保険が充実のエポスカード が超おすすめ(^^)/

ホテルの予約はアゴダ 【Booking.com】 が便利です!

どの交通手段がイチバン早くて安いか調べるならOmio:ヨーロッパ、北米の鉄道・バス・航空券の予約 がめちゃくちゃ簡単に出来ますよ( *´艸`)

 

<おすすめ記事>

「私も海外旅行いきたいな~(*´Д`)」って人はこちらもどうぞ☆

海外旅行の計画の立て方・具体的な手順とコツ♪

 

「海外行きたいけど、英語が心配だな(;・∀・)」って人はこちらもどうぞ☆

シャイな日本人が「英語力アップ」するのに必要なマインドとは・・・

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます( *´艸`)

ブログランキングの応援ポチッとな☆1日1回ぜひお願いします♪


にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

-海外旅行、旅先で感じたコト・人生観など, ギリシャ, ウクライナ, ヴァチカン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください!!(スパム対策☆)

関連記事

リヴィウ空港でタクシードライバーと料金交渉、駆け引きバトル??

PR先にお詫びしておきます。今回の記事はデータが消えてしまったため、写真が全然ないので分かりづらい&味気なくてスミマセン<(_ _)>     初めて乗ったウクライナ航 …

キエフからバスでボリスピリ空港まで行って、ウクライナの古都リヴィウに行こう♪

PRはい、私が次に行くところ、それは同じウクライナのリヴィウという街です。首都のキエフはウクライナの真ん中くらいにあって、このリヴィウは西側にあります。   なんでもウクライナ文化の中心で古 …

ヴァチカン美術館からサンピエトロ大聖堂への近道はココだ!

PRさて、入る前にだいぶ苦労したヴァチカン美術館(^^;)   (その時のお話は、ヴァチカン美術館、ネット予約した時の入り方とシスティーナ礼拝堂で気をつけること!からどうぞ)   …

「日没まで」に急げ!ギリシャ観光の王道「パルテノン神殿」へGO♪

PRひかれそうになりながらも、急いでパルテノン神殿のあるアクロポリスに向かいます。 そちらの方面に進むと、こんな風に路上で物を売ってる人たちが結構います。   その中に「ポップコーンと焼きも …

ウクライナ、リヴィウの街を散策「オペラ・バレエ劇場」編!!

PRお腹もいっぱいになったところで、本格的にリヴィウの街を探索してみましょう(^^)/   最初に向かったのは・・・・・ リヴィウの街でもメインの場所にある「オペラ・バレエ劇場」です。 こん …

検索案内

ここから、【知りたい見たいキーワード】を入力して検索してください(^_-)-☆
↓↓一発で出てくるから便利~♪↓↓
もし検索結果に出てこなかったら、もう少し下にスクロールして【カテゴリー】から探してくださいませ(*´ω`*)

カテゴリー

プロフィール


名前:haru

超アナログ人間の私が、苦手ジャンルなのになぜだかブログに手を出してみた('◇')ゞ

2017年5月からノープラン無期限「世界一周の旅」に挑戦中☆

普段の休日は完全インドア派なのに、海外旅行が超大好き♪

とんでもなく面倒くさがり屋で、ハンパなくおおざっぱ!

そんな性格の私が、女一人で海外をあちこち旅した時のことをつづるブログになります(*^-^*)

「こんな人でも1人で世界一周に行けるんなら、私もきっと海外旅行くらい楽勝だな(*´ω`*)!」と思って頂ければ、これ幸いです♪